投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


1段目の歩が9段目まで進む作品

 投稿者:anonymous  投稿日:2018年10月22日(月)19時50分40秒
返信・引用
  玉方/攻方を問わず、最下段 (1段目) の歩が9段目まで進むという作品はありますか?
無論、普通詰将棋で。
聞いたことがないので、たぶん例はないと思うのですが、ご存じの方いらっしゃいましたら、ご教示頂けますと幸いです。

故酒井克彦氏の塚田賞受賞作に、2一の歩が2六まで進む中編 (「からくり箱」第48番 25手詰) がありますが、これが最長記録でしょうか。
攻方の最長記録はどのぐらいでしょう?
 

写真を再送

 投稿者:マコキング  投稿日:2018年10月22日(月)08時21分20秒
返信・引用
  > No.1952[元記事へ]

不手際がありました。
 

つぶやき

 投稿者:マコキング  投稿日:2018年10月21日(日)10時27分30秒
返信・引用
  写真は山本民雄さんの中編・看寿賞作。同氏の代表作はほぼ解決したのだがこの作品だけは何故かハマッテしまった。打ち歩詰めになりその都度、やる気起こらず断念を数年間。ようやく閃いて解決した時の達成感やら美しさ、、、しかし、その後、正解者ゼロ作もそうだが苦労して解決すると燃え尽き?やる気が失せて3手~7手詰めの頭の体操ばかりが続く。駒を並べて最後まで独力解決するよりも、如何にして詰将棋を楽しむのか、、方法をまずは考えるほうが大事ではないかと今頃になって気がついた。  

熱狂と動員

 投稿者:松田圭市メール  投稿日:2018年10月20日(土)17時35分38秒
返信・引用
  かなり値の張る本ですが、将棋世界に入選して図書カードをもらったので思い切って購入しました。
詰将棋を悪い宗教にしないために識者には読んでほしい一冊です。

『熱狂と動員 一九二〇年代中国の労働運動』衛藤安奈
 

ヒルティの幸福論

 投稿者:松田圭市メール  投稿日:2018年10月14日(日)18時45分53秒
返信・引用
  私は将棋や麻雀の人生論の悪影響を受けましたが、やはり王道を読むべきと思います。

『趙訳 ヒルティの人生論 世界で一番幸せになる「思考力」』齋藤孝
 

メサイアコンプレックス

 投稿者:松田圭市メール  投稿日:2018年10月 6日(土)08時00分23秒
返信・引用
  どうも私はメサイアコンプレックス(救世主妄想)にかかってる傾向があるようです。
詰パラはボランティア団体なのでこれにかかる人は少なからずいると思います。
興味のある方は検索してみてください。
 

無防備石垣

 投稿者:chlorine  投稿日:2018年 9月28日(金)18時17分17秒
返信・引用
  先日、スマホ詰パラに無防備石垣作品を投稿したのですが、前例アリとのコメントが付きました。
検索しても出てこないので、実際の図面をご存知の方は居ないでしょうか。
 

アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉

 投稿者:松田圭市メール  投稿日:2018年 9月27日(木)07時15分39秒
返信・引用
  共同体感覚とは、

他者を助け喜ばせることに、喜びを感じる心。

奪うことよりも与えることに、喜びを感じる心。

『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』小倉広

やはり将棋より詰将棋のほうが良いと思う。
 

推理将棋のブログ始めました

 投稿者:神戸本多聞  投稿日:2018年 9月23日(日)12時35分59秒
返信・引用 編集済
  推理将棋コーナーでお世話になっているPontamonです。
「推理将棋雑記帳」の名称でブログを始めて5日目です。
今のところ、ほぼ一方通行のサイトです。ブログだから当たり前か。
よろしかったら覗きに来てください。

http://pontamon.hatenablog.com/

 

白鵬とブルトーザー

 投稿者:松田圭市メール  投稿日:2018年 9月21日(金)19時08分17秒
返信・引用
  棋士とコンピュータの対戦は白鵬とブルトーザーと同じで意味ないという将棋ファンがいますが、そうですか?
棋士とコンピュータが対戦しても危険ではないし、一瞬で勝負がつくわけでもない。
コンピュータが鮮やかな技をだして勝つのだから見てて面白いでしょうと私は思うのですが、嗜虐性が強すぎると将棋ファンにお叱りを受けることがあります。
要するに棋士が職業と成り立たなくなることを危惧してのことと思いますが、反応の仕方が狂信じみた感じがして、実は詰将棋が普通で将棋がおかしい可能性が高いと最近感じています。
詰パラの経営上、将棋ファンは邪険にできないでしょうが、難しい問題ですね。
 

拙作を

 投稿者:進藤伐斗メール  投稿日:2018年 9月17日(月)23時16分13秒
返信・引用
  拙作を載せて頂きまして有難うございます。
次作の予定はないのですが思い付けばまた作図に挑戦してみたいと思います。
 

Re: 半期賞を逃したが、看寿賞を受賞した例

 投稿者:anonymous  投稿日:2018年 9月15日(土)08時44分51秒
返信・引用
  > No.1941[元記事へ]

谷川幸永さんへのお返事です。

> とりあえず、1994年下半期以降の事例については、「詰将棋の欠片」2015/07/20の記事のコメント欄にまとめてあります。

念のため、谷川さんご提示のWebサイトにリンクを張っておきます。
http://hirotsume.blog.fc2.com/blog-entry-469.html
 

Re: 半期賞を逃したが、看寿賞を受賞した例

 投稿者:anonymous  投稿日:2018年 9月14日(金)21時09分28秒
返信・引用
  > No.1941[元記事へ]

谷川幸永さんへのお返事です。

> とりあえず、1994年下半期以降の事例については、「詰将棋の欠片」2015/07/20の記事のコメント欄にまとめてあります。

ありがとうございます。
意外に多いですね。驚きました。
 

Re: 半期賞を逃したが、看寿賞を受賞した例

 投稿者:谷川幸永  投稿日:2018年 9月14日(金)18時00分9秒
返信・引用
  > No.1940[元記事へ]

とりあえず、1994年下半期以降の事例については、「詰将棋の欠片」2015/07/20の記事のコメント欄にまとめてあります。
 

半期賞を逃したが、看寿賞を受賞した例

 投稿者:anonymous  投稿日:2018年 9月12日(水)22時58分4秒
返信・引用
  惜しくも半期賞を逃したが、看寿賞を受賞した、という例はありますか。
(※ 無論、「近代将棋」、「将棋世界」等、他誌の発表作を除いての話です)

「看寿賞作品集」の旧版・新版は手元にあるのですが、「詰パラ」のバックナンバーはあまり持っておらず、歴代の半期賞受賞作までは把握していないため、質問した次第です。

可能性があるとすれば、
・一般解答者と選考委員との評価の乖離
・半期賞決定時点では不完全作と誤認されていたが、その後完全作と判明した
のどちらかだと思いますが、実際にそのような例は過去にあったでしょうか。
ご存じの方、コメントを頂けますと幸いです。
よろしくお願い致します。
 

あなたの運はもっとよくなる!

 投稿者:松田圭市メール  投稿日:2018年 9月12日(水)20時54分26秒
返信・引用
  詰将棋は運の要素が大きいので一読の価値ありです。

『あなたの運はもっとよくなる!』浅見帆帆子
 

連絡先の書き込みについて

 投稿者:TETSUメール  投稿日:2018年 8月30日(木)23時17分44秒
返信・引用
  おもちゃ箱管理人のTETSUです。

この掲示板では、書き込み時にメールアドレスを記載していれば、そのメールアドレスは表示されませんが、名前の横のメールマークをクリックすることで書き込んだ人にメールすることができます。

anonymousさんも指摘されているように、個人情報を書き込むのは危険もあるので、なるべく避けるようにお願いします。

なお、自分で書き込んだ記事の編集、削除は、この掲示板の一番下にある「自分の投稿の編集・削除」ボタンからできます。
 

Re: 中編名作選について

 投稿者:安田 恒雄メール  投稿日:2018年 8月30日(木)10時23分27秒
返信・引用
  角 建逸 様

安田です。
当方のメールアドレスをお知らせします。
yasu8430@sea.plala.or.jp
お手数をおかけしますが、ご連絡をよろしくお願いします。

管理人様 投稿のアドバイスをありがとうございました。
 

中編名作選について

 投稿者:安田 恒雄メール  投稿日:2018年 8月29日(水)17時52分4秒
返信・引用
  角 建逸 様


はじめまして。安田恒雄と申します。
『中編名作選』に関する角様の記事を本日初めて拝読しました。拙作を収録いただいていることを知り、喜んでおります。ありがとうございます。
遅くなって恐縮ですが、全国大会に参加できていませんので、急ぎメールをさせていただきました。住所などの当方の情報をお知らせした方がよろしいでしょうか。
 

Re: 中編名作選について

 投稿者:anonymous  投稿日:2018年 8月27日(月)23時04分9秒
返信・引用
  > No.1934[元記事へ]

ここに住所や電話番号といった個人情報を直接書き込んでしまうのは、セキュリティ面で如何なものでしょうか。
メールで遣り取りしたほうが安全だと思います。
メールアドレスを互いにご存じでない場合は、
(1) 使い捨てのアドレスを開示。

(2) 私信で本アドレスを連絡。

(3) 本アドレスで住所等を連絡。
とすれば済みます。

神経質かもしれませんが、住所と電話番号を公開することで、ストーカー被害、DM、空き巣狙い、振り込め詐欺被害、いたずら電話等々、マイナス面ばかり想像してしまいます。
杞憂でなければよいのですが……。


> 角 建逸 様
>
> ご無沙汰しております。拙作を中編名作選に載せていただいた記事を拝見いたしました。
> どうもありがとうございます。
> まだしばらくは冬眠と思われますが、刺激のため一冊送っていただけますでしょうか。
> 現在、東京都内青梅市にてフランチャイズで店をやっておりますので、そちらへお願いします。
> また復活の際は宜しくお願いいたします。
>
> 以下住所
>
> 〒198-0043 東京都青梅市千ヶ瀬町5-650-7
> 丼丸d'Ome千ヶ瀬店
> 河原 泰之
> 0428-24-3500
>
>
>
> > 来週発刊になります『中編名作選』に収録する作者の方々は以下となります。(五十音順、敬称略)
> >
> > <あ行>
> > I・M・O、會場健大、明石六郎、安達康二、天内啓介、天の川、鮎川まどか、新井直之、有山 隆、有吉弘敏、
> > 飯尾 晃、飯室宥蘭、池原雅幸、石川英樹、石本 仰、伊田勇一、市島啓樹、伊藤 正、伊藤 果、井上徹也、
> > 岩本 修、植田尚宏、上谷直希、上田吉一、上間 優、内田 昭、馬屋原剛、浦野真彦、江口伸治、osumo3、
> > 大野雄一、大橋健司、小笠原隆治、岡部雄二、岡村孝雄、岡本眞一郎、巨椋鴻之介、尾崎秀行、小沢正夫
> > 〈か行〉
> > 金子清志、金子哲哉、金子義隆、金田秀信、金成憲雄、川西直哉、河原泰之、菅野哲郎、きしはじめ、岸原秀行、
> > 北岡正一、喜多真一、木村 隆、木村 透、久保紀貴、桑原幹男、小泉 潔、高坂 研、小寺秀夫、小西真人、
> > 小林敏樹、小林尚樹、小林 譲、近藤真一、近藤善太郎
> > 〈さ行〉
> > 斎藤仁士、斎藤慎太郎、斎藤吉雄、酒井克彦、酒井博久、坂巻義郎、佐々木浩二、塩野入清一、篠田正人、柴田昭彦、
> > 柴田八十一、白井康彦、新ヶ江幸弘、須川卓二、鈴川優希、鈴木利明、須田将一、捨てられ人、角 建逸、関口 格、
> > 関 半治、芹田 修、セレン、相馬慎一、相馬康幸、添川公司
> > 〈た行〉
> > town、高木泰彦、高橋和男、武 紀之、武島広秋、田中 徹、田中寛之、谷川浩司、谷口 均、谷崎聖弥、
> > 妻木貴雄、爪将棋、天地道人、富沢岳史、洞江元太
> > 〈な行〉
> > 永井裕人、中島久雄、中筋俊裕、中出慶一、中村雅哉、流田義夫、野曽原直之、野村 量
> > 〈は行〉
> > 芳賀 徹、波崎黒生、橋本 樹、長谷繁蔵、林 雄一、原亜津夫、原島利郎、原田清実、坂東仁市、東野徹男、
> > 平井康雄、平野牧人、平松準一、平山邦男、廣瀬崇幹、広瀬 稔、深和敬斗、福岡哲二、福田桂士、藤井聡太、
> > 藤倉 満、藤沢英紀、二上達也、瓶子吉伸、ほい、堀田雅裕、本郷昌幸、本田 勇
> > 〈ま行〉
> > 牧野隆一、真島隆志、町田和也、摩利支天、三浦 司、三角 淳、水上 仁、宮浦 忍、宮田卓也、宮原 航、
> > 宗岡博之、元水信広、森田銀杏、森 敏宏、森長宏明
> > 〈や行〉
> > やきのり、安武翔太、安田恒雄、宿利 誠、柳田 明、柳原裕司、山腰雅人、山崎 隆、山路大輔、山田 剛、
> > 山田康平、山田修司、大和敏雄、山村浩太郎、山本勝士、山本昭一、山本民雄
> > 〈ら行・わ行〉
> > ラガト、若島 正
> >
> > 以上の作者には、同書を1冊差し上げます。
> > 7月15日の詰将棋全国大会に参加される方は、ブースの角にお声がけください。
> > 上記に参加されない方には、順次郵送でお送りする予定です。
> > 全く面識のない方もいらっしゃいますので、当方までメールでご連絡を頂戴できませんでしょうか。
> >
> > 以上、よろしくお願いいたします。
> >
> >
> >
> >
> >
 

/52