投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


カルト宗教信者の独白

 投稿者:松田圭市メール  投稿日:2018年11月 1日(木)18時28分43秒
返信・引用
  http://www17.plala.or.jp/compassion/ima_20170515.html?fbclid=IwAR1WJSk3vQc5SccaCHruK_mQAdsx3PAYlWQvX5RWknN16W0WUCN_WM4hb7s

カルト宗教信者を救う役割を将棋はそれなりに果たしているようだ。
 

Re: 続 つぶやき

 投稿者:マコキング  投稿日:2018年10月30日(火)18時56分23秒
返信・引用
  anonymousさんへのお返事です。

ご返信いただきました事、、有難うございました。御説の件、、まことにその通りと思います。欲が深いのか、、諦めが悪いのか、、昔からのフライホイール効果なのか、、、詰将棋をはじめた昔からず~っと最後まで解く派でした。、、貴方のような仲間が居れば飲み屋で「それは、、お前、無理やろ」で方針転換していたのかも知れませんが、居るはずもなく、、極上の孤独?かも知れませんが、、ず~~と単独で。解図から読図かもですね。白旗挙げるのは癪に障るので最初から読図します。数日前から5手目、6手目、、、11手目12手目だけは独力解図と言う風にして自己満足を昇華している最中です。

 

Re: 続 つぶやき

 投稿者:anonymous  投稿日:2018年10月29日(月)23時38分14秒
返信・引用
  > No.1960[元記事へ]

どなたのコメントも付かないようですので、あまり参考にならないかもしれませんが、私なりの意見を述べてみます。

> 1999年発刊の看寿賞作品集・詰パラ編の約70%は独力で解図出来たが、その間もあっちの詰棋書に行ったりこっちに行ったり、、特に難解作に突き当たると、たとえそれが解けたとしても燃え尽き症候群に陥ったりして遠ざかり時間は過ぎる。駒場さんの「ゆめまぼろし100番」難し過ぎて、、、本棚へ詰んどくに終わる。将にユメ・マボロシ。自力で解くことが最も作品を解釈でき価値が判るものの人生は短い、残余の時間もとれない。、、、メジャーな解図派はどうすれば多くの作品に接して、楽しめるか、、なのではないか。
> その妥協と方法は?

私の棋力は、アマ初段あるかどうか怪しい程度で、初見の作品を独力で解図すると、10手台の短篇でも長時間掛かったり、結局解けずに白旗を揚げることも少なくありません。
しかし、その程度の貧弱な棋力でも、独力での解図に拘らず、解説を読んで並べれば、長篇大作・難解作の機構も概要は理解できますし、良さを理解して感動することもできます。
「ミクロコスモス」、「メタ新世界」、「新扇詰」、「赤兎馬」といった大作群は1作も解いていませんが、かなりの数の作品を盤に並べて鑑賞してきました。

妥協の仕方、ということですが、個々の作品について、どれだけ時間を投入するか予めおよその目安を決めておいて、その時間を超えたら白旗を揚げて解答解説を見る、というのは如何でしょうか。
例えば、1桁~10手台ぐらいまでの短篇の場合、1時間以内に解けなければ、2時間考えても3時間考えても解けないのが普通で、その時間を他の物事に充てたほうが有意義だと思います。
(とは言え、かなりの深さまで読み進み、すでに佳境に入っている場合、なかなか断念し難いものがありますが)

ちなみに、言うまでもないことですが、有限の時間・体力・金銭で特定分野の全てを制覇できないのは、どの分野でも同じことです。
ハイドンの交響曲全曲録音を果たした楽団・指揮者は20年以上もの歳月を費やしたと聞きます。クラシックでもジャズでも、古今の名曲は膨大な数に上るため、その全てを演奏するのは如何なる天才演奏家・指揮者でも到底不可能です。
酒飲みは、国内外のあらゆる銘酒を味わい尽くすことを夢見ますが、悲しいかな時間もお金も肝機能も有限、叶わぬ夢です。
読書しかり、映画鑑賞しかり、旅行もしかりです。
 

将棋・囲碁とコンピュータの未来視

 投稿者:松田圭市メール  投稿日:2018年10月29日(月)07時09分20秒
返信・引用
  http://perfect-chaos.cocolog-nifty.com/blog/?fbclid=IwAR0IKrLiZjwVvIZPmE0rb9rkwjMOEaBavJkV953SyHA4Kd9-_rMlyVdnRe4

『将棋・囲碁とコンピュータの未来視』このブログはちょっと古いですが的確な論評と思います。
 

超常戦士ケルマデック

 投稿者:松田圭市メール  投稿日:2018年10月28日(日)19時51分10秒
返信・引用
   どうもプロ将棋界はカルト宗教的なところがあり、その悪影響を詰将棋界も受けているようです。
 最近アドラー心理学会の知人から紹介していただいたこの本は詰将棋界を良くする一助になると思いました。アニメや心理学をからめた面白い一冊でした。

『あらゆる人生に奇跡を起こす不思議な物語 超常戦士ケルマデック』ケルマデック著
 

続 つぶやき

 投稿者:マコキング  投稿日:2018年10月25日(木)07時41分55秒
返信・引用
  1999年発刊の看寿賞作品集・詰パラ編の約70%は独力で解図出来たが、その間もあっちの詰棋書に行ったりこっちに行ったり、、特に難解作に突き当たると、たとえそれが解けたとしても燃え尽き症候群に陥ったりして遠ざかり時間は過ぎる。駒場さんの「ゆめまぼろし100番」難し過ぎて、、、本棚へ詰んどくに終わる。将にユメ・マボロシ。自力で解くことが最も作品を解釈でき価値が判るものの人生は短い、残余の時間もとれない。、、、メジャーな解図派はどうすれば多くの作品に接して、楽しめるか、、なのではないか。
その妥協と方法は?
 

Re: re: 1段目の歩が9段目まで進む作品

 投稿者:anonymous  投稿日:2018年10月24日(水)20時46分28秒
返信・引用
  > No.1958[元記事へ]

TETSUさんへのお返事です。

> 記録に挑戦!の攻方歩の連続移動回数記録作品に、
> 59歩打から52まで行く作品が2作登録されています。
> (片方は受方持駒指定)

コメントありがとうございます。
この情報は一度は見ていたはずなのですが、失念しておりました。
 

re: 1段目の歩が9段目まで進む作品

 投稿者:TETSUメール  投稿日:2018年10月23日(火)22時20分55秒
返信・引用
  記録に挑戦!の攻方歩の連続移動回数記録作品に、
59歩打から52まで行く作品が2作登録されています。
(片方は受方持駒指定)

http://www.ne.jp/asahi/tetsu/toybox/challenge/c4024b.htm

 

Re: 1段目の歩が9段目まで進む作品

 投稿者:anonymous  投稿日:2018年10月23日(火)21時30分33秒
返信・引用
  > No.1954[元記事へ]

自己レスです。

最初の投稿の後で気付いたのですが、攻方の例としては北村研一氏の「槍襖」が挙げられると思います。
最長記録かどうかはわかりませんが、8段目の歩が4段目まで進みます。
ただ、この形では支えとなる香が必要なので、9段目から始めることができません。
玉方でも攻方でも、1段目から9段目までというのは難しいのかもしれません。

> 玉方/攻方を問わず、最下段 (1段目) の歩が9段目まで進むという作品はありますか?
> 無論、普通詰将棋で。
> 聞いたことがないので、たぶん例はないと思うのですが、ご存じの方いらっしゃいましたら、ご教示頂けますと幸いです。
>
> 故酒井克彦氏の塚田賞受賞作に、2一の歩が2六まで進む中編 (「からくり箱」第48番 25手詰) がありますが、これが最長記録でしょうか。
> 攻方の最長記録はどのぐらいでしょう?
 

re: 双方香不成・使用駒数最少記録作品の盤面

 投稿者:TETSUメール  投稿日:2018年10月23日(火)21時13分28秒
返信・引用
  永安さん、ご指摘ありがとうございます。
そそっかしくてすみません>みなさん。修正しました。

http://www.ne.jp/asahi/tetsu/toybox/challenge/c3046.htm

 

双方香不成・使用駒数最少記録作品の盤面

 投稿者:永安  投稿日:2018年10月23日(火)13時47分36秒
返信・引用
  双方香不成・使用駒数最少記録作品の盤面が、中村さんのがなく、どちらも あんこう さんのになっています。  

1段目の歩が9段目まで進む作品

 投稿者:anonymous  投稿日:2018年10月22日(月)19時50分40秒
返信・引用
  玉方/攻方を問わず、最下段 (1段目) の歩が9段目まで進むという作品はありますか?
無論、普通詰将棋で。
聞いたことがないので、たぶん例はないと思うのですが、ご存じの方いらっしゃいましたら、ご教示頂けますと幸いです。

故酒井克彦氏の塚田賞受賞作に、2一の歩が2六まで進む中編 (「からくり箱」第48番 25手詰) がありますが、これが最長記録でしょうか。
攻方の最長記録はどのぐらいでしょう?
 

写真を再送

 投稿者:マコキング  投稿日:2018年10月22日(月)08時21分20秒
返信・引用
  > No.1952[元記事へ]

不手際がありました。
 

つぶやき

 投稿者:マコキング  投稿日:2018年10月21日(日)10時27分30秒
返信・引用
  写真は山本民雄さんの中編・看寿賞作。同氏の代表作はほぼ解決したのだがこの作品だけは何故かハマッテしまった。打ち歩詰めになりその都度、やる気起こらず断念を数年間。ようやく閃いて解決した時の達成感やら美しさ、、、しかし、その後、正解者ゼロ作もそうだが苦労して解決すると燃え尽き?やる気が失せて3手~7手詰めの頭の体操ばかりが続く。駒を並べて最後まで独力解決するよりも、如何にして詰将棋を楽しむのか、、方法をまずは考えるほうが大事ではないかと今頃になって気がついた。  

熱狂と動員

 投稿者:松田圭市メール  投稿日:2018年10月20日(土)17時35分38秒
返信・引用
  かなり値の張る本ですが、将棋世界に入選して図書カードをもらったので思い切って購入しました。
詰将棋を悪い宗教にしないために識者には読んでほしい一冊です。

『熱狂と動員 一九二〇年代中国の労働運動』衛藤安奈
 

ヒルティの幸福論

 投稿者:松田圭市メール  投稿日:2018年10月14日(日)18時45分53秒
返信・引用
  私は将棋や麻雀の人生論の悪影響を受けましたが、やはり王道を読むべきと思います。

『趙訳 ヒルティの人生論 世界で一番幸せになる「思考力」』齋藤孝
 

メサイアコンプレックス

 投稿者:松田圭市メール  投稿日:2018年10月 6日(土)08時00分23秒
返信・引用
  どうも私はメサイアコンプレックス(救世主妄想)にかかってる傾向があるようです。
詰パラはボランティア団体なのでこれにかかる人は少なからずいると思います。
興味のある方は検索してみてください。
 

無防備石垣

 投稿者:chlorine  投稿日:2018年 9月28日(金)18時17分17秒
返信・引用
  先日、スマホ詰パラに無防備石垣作品を投稿したのですが、前例アリとのコメントが付きました。
検索しても出てこないので、実際の図面をご存知の方は居ないでしょうか。
 

アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉

 投稿者:松田圭市メール  投稿日:2018年 9月27日(木)07時15分39秒
返信・引用
  共同体感覚とは、

他者を助け喜ばせることに、喜びを感じる心。

奪うことよりも与えることに、喜びを感じる心。

『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』小倉広

やはり将棋より詰将棋のほうが良いと思う。
 

推理将棋のブログ始めました

 投稿者:神戸本多聞  投稿日:2018年 9月23日(日)12時35分59秒
返信・引用 編集済
  推理将棋コーナーでお世話になっているPontamonです。
「推理将棋雑記帳」の名称でブログを始めて5日目です。
今のところ、ほぼ一方通行のサイトです。ブログだから当たり前か。
よろしかったら覗きに来てください。

http://pontamon.hatenablog.com/

 

/50