新着順:695/1086 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

無駄合談義

 投稿者:解答欄魔  投稿日:2013年 5月25日(土)13時05分22秒
  通報 返信・引用
  横からすみません。

桃橙さんの当初の発言「無駄合の定義も詰将棋の基本ルールから
シンプルに導き出せたらいいのではないかと思っています」
というところからだいぶ離れた議論になってしまいまいましたね。

そもそも論で言うと、ルールに関しては、作品の好みと同様に
百人百様の考えがあるので、ごく基本的な部分以外の意見調整は
無理だと思います。
これは過去の論争を含め歴史が証明しています。

それと看空さんが言われた
「詰将棋は大きくみた場合、フェアリー詰将棋のほんの一部」
という発言は、フェアリー駒や特殊ルールを使用しない中で
「かしこ詰」(攻方最善、玉方最善)=普通の詰将棋
「ばか詰」(攻方最善・玉方最悪)
「自殺詰」(攻方最悪・玉方最善)
「最悪詰」(攻方最悪・玉方最悪)
という分類のうちの一つにすぎない、ということを意味しています。

その中で詰みの概念という一番大切なことの確認があるわけで、
たとえば飛び駒での最終手「透かし詰め」はどうするのかとか
いろいろな問題をはらんでいえうわけです。

これ、全然簡単には終わらない話になってしまいますので、
小生はこれでお暇させていただきます。
元よりこの問題にだけは関わらないようにしようと、はるか
昔から思っていたのですが(笑)。

桃橙さんには、当初の話に戻っていただき、具体的な無駄合
に関する例(無駄合に該当する、しない)を上げてほしい
と思います。
概念的なルール論ではこの問題は収拾はつきませんので。
 
》記事一覧表示

新着順:695/1086 《前のページ | 次のページ》
/1086