新着順:884/1110 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ルールの理念と運用について

 投稿者:こじはるメール  投稿日:2010年12月15日(水)01時22分50秒
  通報 返信・引用
  詰将棋の無駄合について、又もや論議が交わされているようですね‥‥。
そもそも一般的な詰将棋のルールって跡から、「これは規制しないと問題が起きる」という理念から跡付けされている部分が殆どだと思うのですが、如何でしょうか。
その点では、フェアリー系の「ルールがあるから作品が決まる」というのと対極に位置するともいえるのではないでしょうか。
そして、ルールに不備があったり判定困難な部分が出てきたなら、その点を判定する機構があるとよいのではと思います。
真につたない感想を述べましたが、皆様のご意見ご感想を頂けると嬉しいです。
m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m
 
》記事一覧表示

新着順:884/1110 《前のページ | 次のページ》
/1110