teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


明日から展示会

 投稿者:管理者メール  投稿日:2012年 1月 4日(水)23時15分13秒
  明日1月5日から舟木一夫ファンが古里一宮市で開く展示会が始まります。
詳しくは、このホームページの50展示会のページでご確認ください。
管理人

http://www5.ocn.ne.jp/~matimoyo/

 
 

舟木さんNHK名古屋生放送に出演決定

 投稿者:管理者メール  投稿日:2011年10月13日(木)21時59分19秒
  皆さんこんばんは。
> 今日、萩原町のうお六さんから電話がありましたので、皆様にご報告します。
> 舟木一夫さんがNHK名古屋放送局の情報番組「さらさらサラダ」に出演決定しました。
> NHK名古屋放送局のホームページに番組が紹介されていますが、舟木さんが出演される
> 10月20日午前11時30分から12:00までの番組紹介はなく、今週分までです。
> 近日中に掲載されると思いますので、お確かめください。
> http://www.nhk.or.jp/nagoya/salad/
> この番組は、東海三県(愛知、三重、岐阜)限定です。
> 生放送ですので、東海三県の皆様のご参加をお願いします。
> なお、申し込み方法は不確かですが、先着順のようです。
> これもNHKホームページに説明がありますので、ご参照ください。
> 電話による情報ですので、NHKホームページでお確かめのうえ、お出かけください。
> 皆様のご参加をお願いします。
> 河合

http://www5.ocn.ne.jp/~matimoyo/

 

報告の追加

 投稿者:管理者メール  投稿日:2011年10月 8日(土)04時22分26秒
  重要なことを報告することを忘れていました。

大阪のKさんから電話で教えていただいたことが確認できました。
来年1月の特別公演の会期が
劇場の年間チラシや中日スポーツ(6月29日発行)では、1月2日~26日予定となっていました。HP「まちもよう」でも、中日スポーツを掲示していました。

昨日、配布された特別公演のチラシでは、大阪のKさんの情報のとおり、
初日が1月3日、26日(木)が最終日と変更になっていました。
皆さん、ご注意ください。Kさん、ありがとうございました。

また、先のレポートに書きました筒井さんが多忙中にも関わらず会場に駆けつけてくれました。そこで夜の部のチケットとともに、中日劇場発行「中日シアターメイト」(2011.10月号)というペーパーをいただきました。
ここでも「祝 芸能生活50周年」というタイトルで舟木さんの特別公演の特集が一面となっています。
<紙面は近日中にHPにて掲載予定>
ここでは、記念曲について
「記念曲は今、準備中。この50周年というのは再来年6月の満50年まで1年半かけて
やりますので、その間に出したいと・・・」
このような内容が紹介されていました。
筒井さんから説明を受けましたので、皆さんにご報告しました

http://www5.ocn.ne.jp/~matimoyo/

 

舟木一夫コンサート名古屋のご報告

 投稿者:管理者メール  投稿日:2011年10月 8日(土)04時11分43秒
  皆さん、こんばんは。
昨日7日、名古屋(中京大学市民会館)オーロラホールでのコンサートに行ってきました。
メモをとりましたが、知識が浅い私では、様にならないので、展示会開催委員会の山田さんが
まとめてくれた、報告書をお借りしてレポートします。

<山田レポート>
こんばんは。

コンサートに行って来ました。

舟木さん、風邪気味か、鼻声でしたが、曲を重ねるごとに良くなっていきました。
(トークの時に感じました。)
昼、夜と観ましたが、夜、3,4階席が少し空席がある程度で、満席に近い状態でした。
プレゼントも多くてステージに並びきらなくて何度か、ステージ脇に運ばれました。
さすが舟木さん、地元の誇りです。
トークでは、50周年を迎えて、後70歳までは、とにかく頑張りたいと話されました。
<来年50周年になる。・・・ここで拍手。
しかし70歳まで・・・拍手 頑張れるかなとまんざらでもない様子に見えました>

震災のお話も、風化させないで長いスタンスで、応援してしていきましょうと。
人生についても、あっという間に過ぎてしまったと想う人と長かったと想う人とは、
五分五分でしょうねと。あと何となくふるさとに関係するお話も多かったようでした。
<子供時代の友達や隣のクラスの子、少し気難しいおじいさん等を思い出すこともある・・・等>

曲では、「高原のお嬢さん」バラード風にしっとりと歌われました。初めて聴く感がありました。
アレンジ次第で、雰囲気が、ガラッと変わって、よかったでした。
「たそがれの人」舟木さんのお気に入りの1曲で、よかったです。
スタンデイングオーベーションでは、「ROCK’NROLLふるさと」「銭形平次」
ふるさとならではの曲で、インパクトがありました。
個人的に「恋しさ ちらほら 想い出 きらり」というフレーズが好きです。
エンデイングに「絶唱」「夕笛」「恋唄」と珍しく、ふるさとを感じるような淡い恋の歌で
幕が閉じました。
アンコールには、これまた、珍しく「初恋」でした。(紅白9年目の曲、最後となりました曲)
名曲は、いつまでも名曲とお話されました。
今回も曲編成がよくて、印象に残るコンサートでした。

会場では、地元の方以外に、恋する乙女さん始め、色々な方々<鳥取県のご夫婦、大阪と京都の方>と
先の展示会を契機にお知り合いになった方にお会いすることができました。
展示会の拡がりと感謝の気持ちで一杯です。
<また、富山県氷室市からのバスーツァーの約40名の団体を目撃しました。>

チラシも、わずかながら配布しました。喜んでみえました。本当に楽しいひとときでした。
河合さん、昼の部だけでしたが、来れなくなった筒井さんのご好意で、夜の部も観られました。


以上、山田さんのレポートに私が少し書き加えました。<>の箇所です。
最後の夜の部を観れたことについては、チケットをいただいた筒井さんのご厚意を披露し、
感謝の気持ちを知っていただきたく、山田さんが書かれた文を引用しました。

古里を感じる言葉をたくさん聞いた気分です。古里で展示会を開催できる幸せを感じています。
頑張らなきゃ と思います。
河合でした。



http://www5.ocn.ne.jp/~matimoyo/

 

連絡とれました

 投稿者:河合メール  投稿日:2011年 4月16日(土)10時04分13秒
  一昨日、河口君の実家で電話番号を再確認しました。
その結果、間違いであることがわかり、改めて電話し、元気な河口君と
話すことができました。
無事でよかったです、

http://www5.ocn.ne.jp/~matimoyo/

 

連絡を待ちます

 投稿者:河合メール  投稿日:2011年 3月15日(火)01時13分5秒
  仙台市の河口君、東日本大地震にあわれたことをお見舞い申し上げます。
君の実家で、家族皆さんが無事であることをお聞きしました。
大垣の杉山君も心配しています。
落ち着いたら連絡をください。
寒い中、風邪などひかないよう、健康に御留意ください。

http://www5.ocn.ne.jp/~matimoyo/

 

林紡OB会「島根の集い」のご案内

 投稿者:河合メール  投稿日:2010年 9月17日(金)23時24分5秒
  はやし会島根の集い(仮称)のご案内です。

日 時:平成22年10月31日(日)~11月1日(月)
宿泊・懇親の集い : 松江しんじ湖温泉 「ホテル一畑」泊
              TEL 0852-22-0188
会 費:宿泊・宴会費用・・・・・15,000円
現地までのアクセス
      ①出雲空港からバスでJR松江駅
      ②新幹線利用 岡山駅経由伯備線利用
      ③自家用車利用 名神高速・・・中国自動車道経由
    なお愛知、岐阜県の会社近在の参加者は、10人乗りのレンタカーを計画して
    います。道中観光をしながら現地へと思います。
    内容の詳細は、後日明確になり次第、改めてお知らせいたします。
    今回の幹事役の皆さんは、
     井上文子(旧原田)、日野謙二、原田初枝(村上)、佐々木嘉子、三原秋子(釜谷)の方々です。

<お問い合わせ先>

世話役係 吉見文男
     電話     自 宅 0587-97-6710
            携 帯 090-8334-4686
            会 社 0586-47-5105 (㈱イーエス興業)
 詳しくは、世話役の吉見さんにお尋ねください。

http://www5.ocn.ne.jp/~matimoyo/

 

江南工場OB会が開催されます

 投稿者:河合メール  投稿日:2010年 3月19日(金)08時16分50秒
  江南工場OB会幹事代表の南垣内さんからメッセージがありましたので、
代理で書き込みします。
・・・・・・・
今年もサン・ファイン(旧林紡績)江南工場OB会を開催します。
「第8回江南工場OB会」HPhttp://www.geocities.jp/kounan_ob/
たくさんの参加お待ちしてます。
M.O様
ぜひOB会に参加してください。
OB会ホームページの問い合わせメールより連絡ください。
以上です。
第八回同窓会の盛会を祈念します。河合

http://www5.ocn.ne.jp/~matimoyo/

 

読売新聞記事

 投稿者:河合メール  投稿日:2010年 3月15日(月)00時35分48秒
  木曽川資料館で開催している「古里一宮で舟木一夫展」が3月13日の読売新聞に掲載され
ました。また、オンラインで見ることができますので、ご案内します。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aichi/news/20100313-OYT8T00064.htm

この記事以外に朝日新聞にも掲載されましたが、別途展示会のページの掲載する準備中ですので、しばらくお待ちください。

http://www5.ocn.ne.jp/~matimoyo/

 

寺さんへ

 投稿者:河合メール  投稿日:2009年11月21日(土)21時50分10秒
  寺さん、書き込みありがとうございます。
先日、職場に来ていただいたのですが、あいにく出張しておりお会いできませんでした。
寺さんのHPを見せていただき、格調高く、また大変なお褒めをいただき恐縮の限りです。
「思い出の街角」は、かっての一宮の繁栄を支えていただいた若者に対する私なりに考えた
サービスです。新聞では、恩返しと説明していただきました。
昭和40年代前半まで、南は沖縄、九州から北は秋田県、北海道から15歳の子供といってもいい若い人たちが一宮地区に就職しました。自分や自分の子供たちには真似できない思いがあったと推察しています。
このような若い人たちの役割、功績を評価、感謝することにより、新しい一宮の未来が見えてくると思います。思いたい気持ちです。
そして、昭和40年代前半は一宮の農村も未だ貧しく、子供のころから中学を卒業したら一宮市内の商店に丁稚奉公するのが当然という雰囲気がありました。しかし、愛知県では比較的早く経済環境がよくなり、運よく大学まで進学させてもらえました。
自分でもよく分からないですが、このように恵まれた人生に感謝し、おすそわけ(恩返し)
していることだと思います。
このHPを介し、寺さん始め多くの方と知り合い、いろんなことを学びました。
今後も、声をかけてくださいね。

http://www5.ocn.ne.jp/~matimoyo/

 

レンタル掲示板
/12