teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


PremiumのSCSI化

 投稿者:Iori K.  投稿日:2005年10月10日(月)23時21分13秒
  初書き込みです。
Iori K.と申します。
今後もひょっこり現れるかもしれませんが、宜しくお願いします。
ちなみに、こちらは頻繁に閲覧させていただいております。

juubeeさんが
ACARD 7720Uについて
>HDDやPremiumには使えました(音質は未評価だけど、Q-Checkは可)。
とおっしゃっておりますが、
SCSI化したPremiumで、ファームのアップデートもできました。
話題が出ていたので、おまけ程度にご報告します。

突然、失礼しました。
 
 

情報ありがとうございます。

 投稿者:Quienメール  投稿日:2005年10月 9日(日)15時45分57秒
  >環境

 いまだに486マザーが生きているのには脱帽ですね。(笑)ほぼCD-R黎明期と同じような書き込み環境を再現できるから品質もよくなるのでしょうか?まだまだマザー自体も高級品だったのでしょうね。耐久性はずいぶん高い物なのではないのでしょうか。マージンもずいぶんとってありそうですね。

>PCIの486マザボは3枚だと思っていたら、10枚もありました

 まだいろいろ実験できそうですね。(笑)

>変換

 検証お疲れ様です。なかなか興味深い結果ですね。いまや小容量のSCSI-HDDを新品で手に入れることは皆無でしょうからこういう方法がいいのかもしれませんね。
 486PCを維持していくとなれば変換も致し方ないでしょう。オールド環境に引っ越すときの参考にさせていただきます。(笑)

>948s

 スイマセン。(^^;肉抜きと言う表現しか思いつきませんでした。(笑)昔の癖が抜けないと言うか、ボキャブラリーがないと言うか。(苦笑)
 ここから先はおっしゃる通り現物を身ながら考えようと思います。どういう風に埋めていくかも考えないと最終的に筐体に収まらなくなってしまいますからね。
 ダンピング材ですが、1.5mmのソルボセインは見つけたので+0.5mmはパテ埋めをしたときにシャーシ側に何か貼り付けようかなと思っています。重量UPのために重たい物が良いか、振動吸収のために他のダンピング材が良いか…。楽しい試行錯誤でいっぱいです。(笑)ソルボセインが入手でき次第改造にかかりたいと思います。問題はいつになることやら…。(苦笑)

 個人的な質問があったのでメールをしました。返信いただければ幸いです。

ではでは
 

CF-SCSI変換

 投稿者:juubeeメール  投稿日:2005年10月 9日(日)09時15分37秒
  前に、CF-IDE変換(といっても、CFのTrue-IDE モードなので、実質コネクターだけの変換のよう
に思われるのだが)も使ってみましたが、なんかSCSI-HDDの方が良さそうだったので、泣く泣く?
諦めました。
やっぱSCSIでもメモリーディスクを使ってみたかったので、いっそン万円するシリコンディスク
でも?とか考えましたが、やっぱ庶民ですので、こんなの使ってみました。
http://www.artmix.com/CF_powermon.html
SCSIの2.5"->3.5"変換アダプターもかませてます。
今度は完全に「変換」ですね。実は「変換」は嫌っているのですが、オンザフライならデータの
通り道じゃないから気にしないことにしました(笑)。

で、結果ですが、いまのところ判断がつきません(^^;;
いままでのSCSI-HDDより、ざわつきがなくなった分よく聞こえるようにも思えます。が、いくぶん
すっきりしすぎで少し高域寄りになって、低域が物足りないのかもしれません。

☆1cmのSCSIケーブルを作りました(笑)。
CF-IDEの直タイプが好印象だったので、こんなことしてみました。ターミネートはアダプターで。
少し音が立体的になりますが、CF-IDE直タイプほどの変化ではなかったので、無理してやることか
というと・・(^^;;

☆ACARD 7720U
普通のIDE-SCSI変換です。なるべく安く済まそうと(結果的に逆になったが^^;;)、上のをやる前
に試しました。CF-IDEにIR-CUBE ICF-01Dを使い、メディアはCFです。結果は×。
HDDやPremiumには使えました(音質は未評価だけど、Q-Checkは可)。

☆余談
PCIの486マザボは3枚だと思っていたら、10枚もありました。いつの間に・・。
 

有難うございます

 投稿者:juubeeメール  投稿日:2005年10月 5日(水)11時35分41秒
編集済
  ☆Quienさん
いやぁ、やっとできて嬉しい毎日です。
ただ・・、なんでも気になることは出てくるもので、周波数バランスがかまぼこになってきたみたい
なので、手持ちの486マザボ(と言ってもあと2種しかないが)をあたってみようかというところです(^^ゞ

>環境
マザボはメーカー不明 型番TERMINATOR (PCIx3、ISAx4)、CPUは486DX33
後は、「きまぐれ~」のCDR620,CDR630のページに書いた通りです。
これ以上前のマザボはちょっと躊躇われます。
P5以上のマザボならシルク印刷を見ればなんとかなりますが、この頃のはマニュアルが必須です。

>機材が大きくなる
ノイズ云々より、置き場所の問題のほうが大きかったりします(笑)。

>パターンの微細化により失われる情報もあるのでしょうね
オーディオでも、(安くできるでしょうが)なんでも1チップに押し込めるのはどうなのかな?、
という気もします。

>948Sのシャーシの裏側の写真を見つけたのですが、結構肉抜きがされているみたいですね。
("肉抜き"という言葉が懐かしい(笑)。)
ええ、ここの対策も良いんじゃないかと思います。
写真ではわかり難いと思いますが、ここの部分は底と2mmの段差があります。どうするかですね。
ちなみに、お試しリジッド化では、アルミ板をかましています。
現物見ながら考えた方が楽しいと思いますよ~。
 

いまでも

 投稿者:Quienメール  投稿日:2005年10月 4日(火)20時36分21秒
編集済
   PC9821を使える人はさすがにある程度確保していると思いますよ。(笑)新規で欲しがる人は皆無でしょうね。

ミ秦璃さん

 秋葉原の店頭にsizkaが登場したみたいですよ。PROの方のようです。

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20051001/etc_sizkapro.html

 いまいち大きさがつかめなかったのですが、手のひらとの対比を見る限りではとても小さそうですね。思っていたよりも広い用途で使えそうですね。ネックは値段でしょうか。(汗
 上記URLのリンクにサウスブリッチ相当だと思われるGeode CS5536が一緒に実装されているという記事がのっています。(ただし非PRO)多分これにUSBホストコントローラが内蔵されていると思います。AMDのUSBコントローラーは実績がないことと過去に出したサウスブリッチ内蔵のUSBコントローラーがバグ持ちでまともに使えなかったらしいことから少し不安は残りますが、ちゃんと動くようなら先日説明したVIAチップセット内蔵の物よりも期待が持てます。AMDのコントローラーはまともなことが多かったみたいですからね。

>100ドルPCノート

 これは面白いですね。確かに普通のPCでは多機能、オーバースペック過ぎる所もあるでしょうからこういうのは良いかもしれませんね。簡単携帯電話みたいなものでしょうか。(笑)
 ネットのセキュリティーに関しては生徒もそうですが、先生の方の勉強も必要かなと思います。ウィルス対策ソフトに頼りっきりにならなくても簡単な約束さえ守ればある程度安全にブラウジングはできると思いますしね。加害者にならないようにする方法はもっと根本的なところにあると思いますし。フィルタリング等の対策で悪質なページにアクセスさせない方法もありますしね。

ミjuubeeさん

 おめでとうございます。やはりパターンの微細化により失われる情報もあるのでしょうね。デュプリケーターやオーディオ・レコーダーに比べて機材が大きくなることによりノイズとの戦いになるでしょうけど、しっかり対策なされていると思うので上記二つとはまた違う別のレコーディング機材に仕上がったのではないのでしょうか?また新しい試みを楽しみにしています。(^-^
 できれば詳しい環境を教えていただけないでしょうか?参考にしたいのでよろしくお願いします。

 SCSI環境に移行し始めてから欲しいと思っていたPX-40TSiを中古ですが手に入れたのでSCSIオンザフライにも挑戦してみようかなと思っています。
 PX-40TSiは今いろいろとテストしている所ですが、少し触った印象はとてもいいですね。さすが過去の名機だけはあります。どうやらPX-5232等の方が読み性能が良いらしいのですけど、フルSCSIでオンザフライしてみたかったので勉強用には最適かなと。いろいろ検証してみたいと思います。

 948Sのシャーシの裏側の写真を見つけたのですが、結構肉抜きがされているみたいですね。ポリパテ等で整形しなおしてダンピング材を貼る面積を増やすとともにシャーシの重量増加を見込んでいるのですけど…どう思いますか?根本的な解決にはならないと思うのですが、少しはましになるかなと思っています。問題はいまだにダンピング材ですけどね。(^^;
 

486機でコマンド焼きオンザフライ

 投稿者:juubeeメール  投稿日:2005年10月 3日(月)09時46分58秒
編集済
  先に書いたように、ようやく486機にLinuxをインストールできたので、CDRTOOLS2.01のソースパッケージ
からVineLinux1.1用にライティングソフトの実行モジュールを作り、標題のが実行できました。
486機でも、DOS + CDRWIN(16bit)で、HDD経由ならできていましたがどうしても鮮度が落ちるように思う
ので、私にとって念願でした。
音は、やはりいままで使っていたP5世代とは違います。満足です。
これで、デュプリケーターやオーディオ・レコーダー並みの環境になったでしょうか? (^^ゞ
 

PC-9821あまってるんですが(汗

 投稿者:秦璃  投稿日:2005年 9月30日(金)13時57分30秒
編集済
  だれも買ってくれない・・・。(あたりまえか

<コントローラーチップのメーカーを気にしていたのですが
ボクもメーカーを聞こうとしていたんですがああいう返事が返ってきました(汗
組み込みという特殊なものなので専用経路の日本製?である可能性が高いと思われます。

2.5インチHDDようのIDEコネクタを何とかしてIDE光学ドライブに使うようなことができれば何か新しい糸口が見えるかもしれませんが・・・。
まぁかなり特殊で安いものでもないですし、やはり想定された使い方が一番でしょうけども(汗

<キーボード
ボクはノートから自作にうつったのでパンタグラフキーボードを使用しています。
最近はマウスはFinger Mouse、さらにはフレキシブルキーボードなんてのもありますし持ち運びにもキータッチ音の静音化にもいけるんじゃないかな?と思ってます(キータッチの反応はいまいちですが

<ごくありきたりの文房具に
100ドルPCノートなるものを発展途上国向けに米州の大学教授が開発中のようですが、これが文房具化の一歩だと思います。
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000047674,20087858,00.htm
逆に今までのPCは多機能化過ぎて高いし発熱すごいし電気食うし・・・。
教材用には無駄が多すぎます。
自由が大きすぎる分小学生などがネットに氾濫していろいろ事件が起こったりもしましたが、こういうものなら一番適当で使いやすいんじゃないかなと思います。
ネットにつなぐのがある意味一番醍醐味であって危険ですから。
 

静穏PCにメカニカルキーボード

 投稿者:Quienメール  投稿日:2005年 9月29日(木)22時18分10秒
編集済
   を組み合わせると大変なことになりますよね。(笑)リスニングしながらメールなんてした日にはガチャガチャうるさくて…。(笑)メカニカルキーボードのキータッチはとても好きなのですが、いかんせん音がアレなので候補からはずしてあります。(笑)何事も静かに越したことはないようですね。(笑)

 そろそろ一般人向けPCでは単純なスペックの差が購入対象にはならなくなってきていると思います。web閲覧やメール、オフィス用途ではスペックの差が出にくくなっていますからね。多機能化もそろそろ打ち止めだと思うので一台購入してしまえば壊れるまで使えることでしょう。

>ごくありきたりの文房具に

 とてもいい表現だと思います。(笑)家電量販店ブランドのPCはとても安く仕上がっていますよね。これから一般向けにはああいうのが普及していくのかもしれませんね。

ミ秦璃さん

>LXが特に素晴らしい性能でCPUにチップセットの一部を組み込みながら

 勉強不足でした。(^^;AMDの仕様書を見たところノースブリッチ相当の機能は内蔵しているようですね。気になるのはサウスブリッチをどうするかですね。

>USB2.0コントローラはOHCIとEHCIだそうで

 言葉が足りなかったようで。(苦笑)サウスブリッチ(Intelで言うICH)内蔵のUSBコントローラーの事を気にしていたわけではなく、コントローラーチップのメーカーを気にしていたのですが…。でも、DVD連続再生をパスしているようならCD-R焼きも大丈夫かもしれませんね。用心をしてOSにlinuxのCUIを使えばそこそこ使える焼きマシンに仕上げられそうですね。問題はドライブ選択でしょうか。
 コントローラチップを単体で積むことは大きさ的にも難しいでしょうから標準の機能で何とかしたいものですね。限られた資産の中で何かをするのは嫌いではないので。(笑)

>ダンピング材ですが、ブチルゴムなんかどうでしょう?

 わざわざありがとうございます。とりあえず候補の一つとして考えてみようと思います。

ミjuubeeさん

 貴重な意見ありがとうございます。
ソルボセインは1.5ミリ厚のものは見つけられたので1.5+0.5も考えてみようと思います。ズレないかどうかだけが心配ですが。
 セミリジット化もとりあえずダンピング材を敷く所からスタートしていろいろ弄んでみたいなぁと思っています。先人様たちと同じ改造をしたのではあまり面白みがないので自分なりに何か新しい方法を取り入れたいなぁとも思うので、これからも何かいい案がありましたらお知恵をお貸しいただけるととても嬉しいです。よろしくお願いします。さすがにjuubeeさんのようなリジット化までは無理なので948sの筐体に収まる範囲の改造になると思います。あまり多くを押し込みすぎても発熱がすごいので考え物ですね。やっぱりシンプルイズベストでしょうか。

 linuxのデストリビューション作りはそれはそれで楽しそうですね。(笑)ある意味上級者への第一歩でしょうか。(笑)やはり486には世代に合ったカーネルがあっているのでしょうかねぇ。redhatとかのほかのデストリビューションはどうなんでしょうねぇ?私もいつかはPC-9821でライティングマシンを作るつもりなので参考にさせていただきます。がんばってください。
 IDEケーブルのツイスト化にもチャレンジしたのですが、すだれにする作業だけで挫折しそうです。(笑)すでにケーブルを一つダメにしそうなのでこれで勉強したいと思います。まだまだ道は険しそうです。(笑)

ではでは~
 

ご紹介有難うございます。

 投稿者:juubeeメール  投稿日:2005年 9月29日(木)13時51分22秒
編集済
  ☆秦璃さん
CPUが0.9W、TOTALでも12Wとは、凄まじい省電力ですね。
今私が使っている486機でも、TOTAL 20~30Wはあったように思います。
(電源の電流値をそら覚え^^;;)

「音がしない」というのはとても素晴らしいです。CD-R焼き専用機がかつてそうでしたが、
深夜使っていると、キータッチの音が大きく感じられるほどでした。

普通の人にとって、PCはインターネットブラウズとオフィスソフトが動けば十分だと思います。
いずれは一式2~3万円の家電に限りなく近いPCが登場し、電卓が辿ったように、ごくありきたり
の文房具になるんじゃないかと思っています。

組み込み用PCは注目分野ではありました。入手性や価格の問題もありますが、機能てんこもりな
ところが気に入りませんでした。ほとんどがSound & Lan付きでしょ。でも、こんなふうにまとめ
られると楽しそうですね。なにより、新品で買えるのがいいです(笑)。

>本作のもともとの組み込み用PCEcoGeonはやすくはないけど、機能変更相談は承っているそうです
個人相手の話ですかねぇ(^^;;

☆Quinさん
私もまだ、知識&腕不足、でクロック換装まで至っておりません。ま、ゆっくりやろうというのも
あります(笑)。

なかなか2mm厚のが見つかりません。いっそ、0.5mm x 4 とか・・。
http://www.sorbo-japan.com/index.html
http://www.hands-net.jp/shop/category/category.aspx?category=10010302

リジッド化というと、樹脂シャーシの固定化がよく言われますが、948Sを分解してみて気になった
ことといえば、
1、スピンドル・モーターがプラスティックにタッピングビス止め。
2、ピックアップ用モーターやその他部品がはめ込み。
3、モーターへの配線を捻りたい気持ちがムズムズ(^^ゞ
4、なによりシャーシーがプラスティック(あたりまえか^^;;)。
といったところでしょうか?

それに、
キャディーモデルは、トレイに比べてメカが多いため不要な振動が発生しすぎで、音質をだいぶ
損ねている・・よな気もします(お試しリジッド化の実感)。

☆ようやく486機にLinuxをインストールしました。
いままでうまくいってなかったので、初級者のくせして無謀にも「俺流Linux」でも作ろうか、と
まで思いつめて?いましたが、なんのことはない、ディストリビューションが486に対応していな
かったからのようです(^^;;
Vine1.1で試したらなんなく成功 v(^-^) カーネルが2.0と、大分古いのでちょっと不安ですが、
これからCDRTOOLS2.01のVine1.1用実行モジュール作りに入ります。
 

Mixiのほうでも省電力CPUに目をつけていろいろ書かせてもらってますが・・・。

 投稿者:秦璃  投稿日:2005年 9月28日(水)23時00分55秒
編集済
  Intelもようやくクロック至上主義から処理効率至上主義になるようでこれからのモバイルベースのマルチコアCPUが期待されます。
IntelはPentiumM、VIAはC3、AMDはGeodeですが、今回紹介させていただいたのはAMDのほうです。
処理能力とTDPは比例してるようなものなのでI>A>Vと各社きれいに並んでいきます。
VIAはITX規格を出したりいろいろ注目されますが、AMDは中間的存在でなかなか魅力的でもあります。
組み込みようのLXが特に素晴らしい性能でCPUにチップセットの一部を組み込みながらTDP2.5w以下で500Mhz駆動を実現しています。(WXPも普通に動く
さらには50度以下ならヒートシンクまでつけなくてOkなのですから考えられません。
USBコントローラについての詳細は不明ですが、もともと組み込みようなので構成変更できればある程度のコントローラが使用できるかもしれませんね。
まぁ、もともと組み込み用PCなので安定性の悪いものは使われてないと思いますが・・・。

ダンピング材ですが、ブチルゴムなんかどうでしょう?
アイネックスブランドで\500くらい?でしたよ

http://www.kimuramusen.co.jp/ipc/ipcfoq.htm
2mm厚Audioシートです、下には私的愛用のフォックなどがあります。

ピノーより返答いただいたので改変加えながら掲載させていただきます。
USB2.0コントローラはOHCIとEHCIだそうで、USBROMドライブでDVD連続再生テストしてるそうですが問題は無いようで負荷は80~100%だそうです。
GeodeLXとそのコンパニオンはかなり融通性があるとのことで、
Sizkaで使用している各種ボードの組み合わせは変更可能とのことですが、Sizkaはサポート外のようです。
本作のもともとの組み込み用PCEcoGeonはやすくはないけど、機能変更相談は承っているそうです
 

レンタル掲示板
/42