teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


秋吉台洞窟写真展 ~闇と光の共演~

 投稿者:管理者  投稿日:2020年12月15日(火)23時59分21秒
返信・引用
  秋吉台洞窟写真展 ~闇と光の共演~
日程 2020年12月12日(土)~27日(日)
場所 ときわミュージアム 世界を旅する植物園(山口県宇部市野中3-4-29)
主催 国際洞窟写真家会合実行委員会
料金 無料

写真解説会
・村瀬健志 12月13日(日)13:00~15:00
・後藤 聡 12月19日(土)13:00~15:00
聴講者限定「洞窟写真集」プレゼントあり。

展示物
・秋吉台の洞窟写真
・世界の洞窟写真
・秋芳洞の360度写真
・洞窟動画
・世界の洞窟探検雑誌
・洞窟書籍
・洞窟探検装備

https://www.yurugp.jp/jp/vote/detail.php?id=00004199

 
 

Re: ゆるきゃらぐらんぷり2020

 投稿者:管理者  投稿日:2020年10月 7日(水)23時46分25秒
返信・引用
  龍泉洞のマスコットキャラ「龍ちゃん・泉ちゃん」夫妻は135位でした。
がんばりました。

https://www.yurugp.jp/jp/vote/detail.php?id=00004199

 

Re: ゆるきゃらぐらんぷり2020

 投稿者:管理者  投稿日:2020年 7月12日(日)08時27分16秒
返信・引用 編集済
  現在は132位です。  

映画「HE CAVE(ザ・ケイブ) サッカー少年救出までの18日間」

 投稿者:管理者  投稿日:2020年 7月12日(日)07時35分47秒
返信・引用 編集済
  タイ「ルアン洞窟」で起きた洞内幽閉事故、日本でも公開されることが決定しました。
11月13日からです。
劇場などの詳細は公式ウェブサイトで。

http://cave18.jp/

 

ゆるきゃらぐらんぷり2020

 投稿者:管理者  投稿日:2020年 7月 7日(火)11時19分28秒
返信・引用 編集済
  11回目にして最後となる「ゆるきゃらぐらんぷり2020」が開催中です。
今年はなんと龍泉洞のマスコットキャラ「龍ちゃん・泉ちゃん」夫妻がエントリー中。
穴系唯一となりますので、是非応援してください!

投票〆切は9月25日(金)18:00まで。
ちなみに、現在は394組中141位です。

https://www.yurugp.jp/jp/vote/detail.php?id=00004199

 

映画「セノーテ」予告編

 投稿者:管理者  投稿日:2020年 6月29日(月)07時01分18秒
返信・引用
  9月19日より全国順次公開です。

https://www.youtube.com/watch?v=_sPo4dDK3ws

 

共同企画展「アバクチ・風穴洞穴 北上山地に人類の痕跡を探る」

 投稿者:管理者  投稿日:2020年 5月26日(火)22時04分25秒
返信・引用
  花巻市総合文化財センター共同企画展「アバクチ・風穴洞穴 北上山地に人類の痕跡を探る」
日程 2020年6月1日(月)~8月10日(月)
場所 花巻市総合文化財センター 企画研修展示室(岩手県花巻市大迫町大迫3-39-1)
主催 花巻市総合文化財センター
共催 花巻市教育委員会・新潟医療福祉大学・慶応義塾大学民族学考古学研究室

アバクチ・風穴洞穴は1995年(平成7年)から開始された東北大学医学部第一解剖学講座と慶應義塾大学文学部民族学考古学研究室の共同プロジェクト「北上山地に更新世人類化石を探る」の一環として調査が行われました。大迫町外川目に位置するアバクチ洞穴は1995年から調査が開始され、1996年の調査では、約2000年前の弥生時代の地層から丁寧に埋葬された弥生幼児の全身の骨が発見され、現代日本人のルーツを探る貴重な発見となりました。洞穴名にちなんで「アバちゃん」と命名された3~4歳ぐらいの幼児の骨は、その後の研究により、北九州の渡来系弥生人と東北地方の縄文系弥生人の両方の特徴をもつ子どもであることが分かりました。

また、風穴洞穴は、同じく大迫町外川目にある規模の小さい石灰岩の洞穴ですが、1996年から4年間にわたる調査で氷河時代のゾウやヘラジカなどの絶滅動物の骨、哺乳類の骨が発見され、氷河時代の動物相を知る上で極めて重要な遺跡となっております。

2020年(令和2年)は、これらの調査から25年を迎えます。現在も継続して両洞穴から出土した骨などの調査研究が行われており、放射性炭素年代測定やDNA鑑定などにより、これまで知りえなかったことも明らかになってきています。調査から四半世紀を迎え、従来の調査実績とともに最新の研究成果についても、展示・紹介します。

https://www.city.hanamaki.iwate.jp/bunkasports/bunka/sogobunkazai/1008065/1012175.html

 

第13期展示「砂で世界旅行・チェコ&スロバキア編」

 投稿者:管理者  投稿日:2020年 2月 5日(水)22時03分54秒
返信・引用 編集済
  第13期展示「砂で世界旅行・チェコ&スロバキア編」
日程 4月18日(土)~2021年1月3日(日) ※新型コロナの影響で開催延期中
場所 砂の美術館(鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17)
主催 砂の美術館

【チェコ&スロバキア編を選択した背景】
両国ともに、来年度日本との交流100周年を迎える、多くの世界遺産に恵まれた国です。
チェコは1000年もの歴史をもつ「プラハ歴史地区」など、美しい中世の街並みが今なお多く残ります。また、スロバキアでは鍾乳洞群や世界最大のブナ原生林などの自然が豊富な国です。

【モチーフ例(予定)】
プラハ歴史地区(チェコ)、カレル橋とモルダウ川(チェコ)、ドミツァ洞窟(スロバキア)など

http://www.sand-museum.jp/schedule/event/86/

 

洞窟番組(小穿洞)

 投稿者:管理者  投稿日:2020年 2月 4日(火)21時55分15秒
返信・引用 編集済
  2月16日(日)21:00~21:49
NHK総合
NHKスペシャル「巨大地下空間 龍の巣に挑む」

中国貴州省の巨大洞窟群に「龍の巣」と畏れられてきた場所がある。そこは、「世界最大の地底空間」。地域に暮らすミャオ族からは、「ミャオティン」と呼ばれ、あまりの闇の深さから、「そこは、冥界。決して入ってはならない」とされてきた。
今回、2年にわたる交渉の末、中国政府から撮影の許可を得た。内部をくまなく調査、謎に包まれた「ミャオティン」の全貌と誕生の秘密を解き明かしていく。
プロジェクトに参加するのは、30年前、ミャオティンに入ったフランスの洞窟探検家。世界の洞窟の成り立ちに詳しい日本の研究者。そして、闇を照らす技術で世界が認めた洞窟写真家など、総勢29名。ミリ単位の精度の3Dレーザーで測量し空間を再現。さらに、内部に照明を持ち込んで、闇を追い払うという前代未聞の挑戦を行う。待ち受けていたのは、想像を絶する驚異の世界だった・・・。

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20200216

 

秋吉台の山焼き

 投稿者:管理者  投稿日:2020年 1月27日(月)17時23分44秒
返信・引用
  日程 2月16日(日)
時間 9:30~13:00頃
場所 秋吉台国定公園

https://karusuto.com/event/yamayaki2020/

 

洞窟番組(湾屋洞窟(ウンブギ))

 投稿者:管理者  投稿日:2019年12月26日(木)21時38分5秒
返信・引用
  1月1日(日)19:00~20:54
BS朝日
報道ステーション Presents「鹿児島・徳之島で発見 日本最大級の水中鍾乳洞」

2019年春。鹿児島県・徳之島で、日本最大級の「水中鍾乳洞」が新たに発見されました。
推定距離1km超。発見したのは、日本を代表する水中探検家で、カメラマンの広部俊明氏です。探査を進めると、この場所にしか生息しない希少生物や、古い土器が発掘されるなど、驚きの発見が。
テレビ朝日『報道ステーション』で日本初公開され、視聴者から大きな反響を呼んだ、巨大な水中鍾乳洞。今回は、その美しい全貌を、4Kの高精細映像でお伝えします。
【初回放送日】2019年10月13日(日)

鹿児島市から南へおよそ470km、奄美群島のほぼ中央に位置する「徳之島」。この島の静かな集落の一角に、「陸の中の海」と呼ばれる伝説の泉があります。海までの距離は約400m離れているにもかかわらず、潮の干満にあわせて水位が変化することから、地下で海と繋がっていると考えられてきました。今回、この泉の謎に、水中探検家・広部俊明氏が挑みました。
そこで見つかったのは、巨大な水中鍾乳洞。専門家によると「枝分かれした道を含めた総距離は、1kmを超えるであろう、日本最大級の水中鍾乳洞といえる。」とのこと。
水中に潜り、探査を進めると、日本でここにしかいない希少生物「ウンブキアナゴ」の撮影に成功、入口付近では、複数の土器が発掘されるなど、驚きの発見が数多く出てきました。特に、この土器については、割れた断面が凸凹していることから、古い技術で作られたものだと、専門家は語ります。鍾乳洞が陸地だった7000年以上前のものである可能性もあります。
今回、この巨大な水中鍾乳洞の謎を解き明かすべく、特別な潜水装備で、新たな水中調査を敢行。さらに、土器についての専門家の調査も実施し、その全貌に迫ります。

https://www.bs-asahi.co.jp/suityuu_shounyudou/

 

ミニ特別展「秋吉台から発見された新種のアンモナイト」

 投稿者:管理者  投稿日:2019年12月26日(木)21時30分43秒
返信・引用
  ミニ特別展「秋吉台から発見された新種のアンモナイト」
日程 ~2020年5月10日(日)
場所 美祢市立秋吉台科学博物館 2階展示スペース(山口県美祢市秋芳町秋吉1237-938)
主催 美祢市立秋吉台科学博物館

当館学芸員の藤川がアンモナイトの新種を発見し、新種名はakiyoshiensis(アキヨシエンシス)と名付けられました。
この世界唯一の新種標本を期間限定で公開します。

https://akihaku.jimdofree.com/%E3%83%9F%E3%83%8B%E7%89%B9%E5%88%A5%E5%B1%95/

 

洞窟ドラマ「八つ墓村」

 投稿者:管理者  投稿日:2019年10月12日(土)15時44分20秒
返信・引用
  10月12日(土)21:00~23:00
11月17日(日) 13:30~15:30 ※再放送
NHK BSプレミアム
スーパープレミアム「八つ墓村」

大量殺人の過去を持つ村に名家の跡取りとして招かれた辰弥(村上虹郎)。それが悲劇の発端だった。祖父、異母兄…次々殺害される関係者。辰弥の異母姉の春代(蓮佛美沙子)、分限者(國村隼)に身を寄せる美也子(真木よう子)は、苦しむ辰弥に思慕を抱く。だが殺人はとどまるところを知らない。やがて辰也の秘密を探り当てた耕助(吉岡秀隆)だったが、当の辰弥は、たたりを恐れる村人によって鍾乳洞の奥に追い詰められていた。

https://www4.nhk.or.jp/P4031/#block_schedule_1

 

展覧会「イメージの洞窟 意識の源を探る」

 投稿者:管理者  投稿日:2019年10月 1日(火)22時58分13秒
返信・引用
  東京都写真美術館展覧会「イメージの洞窟 意識の源を探る」
日程 2019年10月1日(火)~11月24日(日)
場所 東京都写真美術館(東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内)
主催 東京都写真美術館・東京新聞

http://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3441.html

 

THE CAVE(英題)予告編

 投稿者:管理者  投稿日:2019年 9月 7日(土)00時04分45秒
返信・引用 編集済
  映画「THE CAVE(英題)」の予告編が公開されました。
「THE CAVE」と言っても、同原題のホラー「地獄の変異」ではありません。
ルアン洞窟のケイブレスキューを描いた作品です。
タイ・アイルランド合作。
104分。
タイでの作品タイトルは、ルアン洞窟のある地域名「ナンノーン」。

タイでの公開は2019年11月28日。
日本公開は未定。

内容も興味深いですが、ロケ地は事故現場のルアン洞窟。
これはリアルなアクション・ドラマです。

https://www.thecave.movie/

 

特別展「富山のどうくつからほね」

 投稿者:管理者  投稿日:2019年 7月23日(火)23時14分6秒
返信・引用
  八尾化石資料館「海韻館」特別展「富山のどうくつからほね」
日程 2019年7月22日(月)~8月31日(土)
   ※8/4講演イベントあり
場所 八尾化石資料館「海韻館」(富山県富山市八尾町桐谷4815)
主催 富山市教育委員会・八尾化石資料館「海韻館」

県内の洞窟内から発見された動物の化石の展示
・黒部の洞窟から3000年前のサルの化石
・八尾の1600万年前にいたシカの化石

http://www.city.toyama.toyama.jp/kyoikuiinkai/yatsuo-kyouiku/kaseki/yatsuo-kyouiku_2_2_2_3.html

 

ミニ特別展「秋吉台科学博物館60周年」

 投稿者:管理者  投稿日:2019年 3月22日(金)16時04分1秒
返信・引用
  ミニ特別展「秋吉台科学博物館60周年」
日程 2019年1月22日(火)~12月27日(金)
場所 美祢市立秋吉台科学博物館 2階展示スペース(山口県美祢市秋芳町秋吉1237-938)
主催 美祢市立秋吉台科学博物館

秋吉台科学博物館は昭和34(1959)年10月の創立から60周年を迎えます。
これまでの博物館の歴史と、これからの展望について解説パネル等で紹介します。

https://akihaku.jimdo.com/%E3%83%9F%E3%83%8B%E7%89%B9%E5%88%A5%E5%B1%95/

 

新見市PR動画「新見に来りてピオーネをつくる」

 投稿者:管理者  投稿日:2019年 3月22日(金)15時55分39秒
返信・引用
  ケイバーの聖地のひとつ「阿哲台」を構成する新見市がPR動画第2弾です。
2分30秒あたりで「満奇洞」が出てきます。
こちらは八つ墓村と悪魔が来りて笛を吹くのパロディです。

https://www.youtube.com/watch?v=7uswT8Flhi0

 

新見市PR動画「牛神家の一族」

 投稿者:管理者  投稿日:2019年 3月22日(金)15時53分13秒
返信・引用
  ケイバーの聖地のひとつ「阿哲台」を構成する新見市がPR動画を作成しました。
3分あたりで「満奇洞」が出てきます。
八つ墓村と犬神家の一族のパロディですね。

https://www.youtube.com/watch?v=mrj9LnVqUhk

 

国際洞窟写真家会合2019 秋吉台会合「公開上映会」

 投稿者:管理者  投稿日:2019年 2月27日(水)23時53分30秒
返信・引用
  国際洞窟写真家会合2019 秋吉台会合「公開上映会」
日程 2019年3月23日(土)
場所 美祢市民会館(山口県美祢市大嶺町東分326-1)
主催 日本洞窟学会
協力 山口大学洞穴研究会、山口ケイビングクラブ、東京スペレオクラブ、うきぐもケイビングクラブ
 

国際洞窟写真家会合2019 秋吉台会合「世界の洞窟写真展」

 投稿者:管理者  投稿日:2019年 2月27日(水)23時47分55秒
返信・引用 編集済
  国際洞窟写真家会合2019 秋吉台会合「世界の洞窟写真展」
日程 2019年3月5日(火)~22日(金)
場所 新山口駅、美祢郵便局、秋吉郵便局、サイサイみとう
主催 日本洞窟学会
協力 山口大学洞穴研究会、山口ケイビングクラブ、東京スペレオクラブ、うきぐもケイビングクラブ
 

企画展「『黄泉の穴』の人骨~猪目洞窟遺跡発見70年~」

 投稿者:管理者  投稿日:2018年10月22日(月)20時43分55秒
返信・引用 編集済
  企画展「黄泉の穴』の人骨 ~猪目洞窟遺跡発見70年~」
日程 2018年9月5日(水)~12月3日(月)
場所 出雲弥生の森博物館(島根県出雲市大津町2760番地)
主催 出雲弥生の森博物館

1948(昭和23)年10月、簸川郡鰐淵村大字猪目(現在の出雲市猪目町)の海岸にある洞窟において、大量の人骨や土器などが出土しました。これが「猪目洞窟遺跡」です。
遺跡からは弥生~古墳時代の人骨のほか、縄文~古墳時代の土器、木製品や貝輪、稲籾(いなもみ)や動物の骨など多種多様な遺物が確認されました。
この場所は、「出雲国風土記」に記された『黄泉の穴』ではないかと言われており、そこから人骨が出土したことは、大きな注目を集めました。
遺跡はその後、1957(昭和32年)に国の史跡となり、出土遺物は1974(昭和49)年に島根県指定文化財となりました。
今回、遺跡の発見から70年となることを記念し、出土した人骨を中心として展示します。

※猪目洞窟は凝灰岩に形成された海蝕洞。

http://www.city.izumo.shimane.jp/www/contents/1244161923233/html/common/5bc042e8009.html

 

洞窟番組(ルアン洞窟)

 投稿者:管理者  投稿日:2018年 8月10日(金)23時17分59秒
返信・引用
  8月12日(日)19:57~23:09
フジテレビ系列
Mr.サンデー「あのニュースを総力追跡SP」

今年上半期に起こった大事件を徹底追跡取材。
タイで起こった13人の少年の奇跡の救出劇では、世界初となる7人のダイバー全員の取材と再現でその全容を明らかにします。

https://www.fujitv.co.jp/mrsunday/

 

洞窟番組(ルアン洞窟)

 投稿者:管理者  投稿日:2018年 7月10日(火)23時12分38秒
返信・引用 編集済
  7月11日(水)22:00~22:25
NHK総合
クローズアップ現代「タイ洞窟 救出の舞台裏 ~密着・家族が見守った4日間~」

世界がかたずを飲んで見守るタイ洞窟の救出作戦。水が溜まった洞窟の奥から13人の少年たちを救い出す、前代未聞の取り組みが続いている。
番組では、息子の無事を信じて待ち続けた、一人の少年の家族に密着。発見から救出までの4日間を家族とともに見守った。
また、鎌倉キャスターが現地を取材。タイならではの互助の精神で救出活動を支える人たちの姿を、中継を交えて報告する。
タイ洞窟の救出作戦、その知られざる舞台裏に迫る。

http://www.nhk.or.jp/gendai/schedule/

 

洞窟番組(秋芳洞)

 投稿者:管理者  投稿日:2018年 4月23日(月)21時19分27秒
返信・引用 編集済
  Eテレ
4月29日(日)23:30~24:00
5月 5日(土)11:00~11:30 ※再放送
サイエンスZERO「巨大空間発見! 解き明かされる秋芳洞のヒミツ」

日本最大の鍾乳洞・秋芳洞で、18年ぶりに新しい巨大空間が見つかった。
新空間の発見者である秋吉台科学博物館・特別専門員の村上崇史さん、堆積物の研究者、洞窟写真家、測量の専門家らで結成した調査チームとともに、新空間の全貌に迫る。
色彩豊かに浮かび上がる巨大空間の姿からは、秋芳洞誕生のヒミツが解き明かされる。
今回の調査から、未知の空間がまだまだ存在する可能性も高まった。
100年続く洞窟調査の最新情報。

【ゲスト】秋吉台科学博物館・特別専門員…… 村上崇史
     福岡大学理学部助教………………… 石原与四郎
【司 会】小島瑠璃子,森田洋平
【出 演】NHK報道局映像センター映像取材部…門田真司
【語 り】川野剛稔

http://www4.nhk.or.jp/zero/x/2018-04-29/31/2084/2136672/

 

企画展「沖縄の旧石器時代が熱い!」

 投稿者:管理者  投稿日:2018年 3月 8日(木)11時34分4秒
返信・引用 編集済
  企画展「沖縄の旧石器時代が熱い!」
日程 2018年4月20日(金)~6月17日(日)
場所 国立科学博物館 日本館1F 企画展示室(東京都台東区上野公園7-20)
主催 国立科学博物館
学術協力 沖縄県立博物館・美術館・沖縄県立埋蔵文化財センター
協力 株式会社南都(おきなわワールド・ガンガラーの谷)・八重瀬町・うるま市・宮古島市各教育委員会・NHK
洞窟 サキタリ洞(酒垂洞/前川第4洞)・白保竿根田原洞穴・山下町第1洞穴・藪地洞穴・下地原洞穴・ピンザアブ・ツヅピスキアブ
備考 6/9に講演会「白保竿根田原洞穴遺跡の発掘」

日本の人類史でもっとも古く、もっとも長く、もっとも謎に包まれている旧石器時代。そのころの日本列島に暮らした人々は、どのような姿をして、どのように暮らしていたのでしょうか。
彼らの生前の姿を現代に伝えてくれる旧石器時代人骨の大半は、沖縄で発見されています。
しかし、沖縄では石器などの道具が見つからず、彼らの暮らしぶりは長い間、謎とされてきました。
そんな沖縄で、近年、世界最古の釣り針や旬のカニを味わうユニークな暮らしぶり、そして石垣島からの全身にわたる新たな旧石器人骨など、旧石器時代の大発見が沖縄の各地で相次いでいます。
本企画展では、そんな熱気あふれる沖縄旧石器時代研究の最新情報をご紹介します。

http://www.kahaku.go.jp/event/2018/04okinawa/

 

冬の龍泉洞、楽しみいっぱい 岩泉、恋人向け企画も

 投稿者:管理者  投稿日:2018年 1月28日(日)16時29分53秒
返信・引用 編集済
   岩泉町の龍泉洞事務所(三上薫所長)は冬期間、龍泉洞の魅力を発信する多彩なイベントを繰り広げている。
 夜の洞内を探検する「ナイトケイブ」は20日行われ、洞窟探検家の指導の下、観光通路ではない場所を探検。第3地底湖でボートの乗船体験も予定している。
 地図に書かれた暗号を解き明かし、洞内の宝を探すゲーム「龍泉洞大冒険」は、2月18日まで開催。大人向けと子ども向けのコースがある。冬眠中のコウモリを間近で観察できる「コウモリうぉっちんぐ」は同28日まで開催している。
 初開催の「恋人の聖地」企画は、同11日に「大冒険」のカップル向けコースを用意。愛を深める指令をクリアすると、記念写真を受け取ることができる。そのほか、景品が当たるバレンタインくじ引き(同11日)、風船などで装飾した場所で記念撮影できるバレンタイン限定フォト(同11~14日)などのイベントを用意している。

2018年1月10日付 岩手日報より転記

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20180110_10

 

洞窟番組(龍泉洞)

 投稿者:管理者  投稿日:2017年10月21日(土)18時31分0秒
返信・引用
  10月29日(日)7:45~8:00
NHK総合
11月 4日(土)8:15~8:30
NHK BSプレミアム
さわやか自然百景「岩手 岩泉の鍾乳洞」

岩手県・岩泉町の龍泉洞。
鍾乳石と地底湖の美しさから、日本三大洞窟の一つと言われる。
縦横に穴が広がり、全貌はまだわかっていない。
5種類のコウモリが生息し、夏場には生まれたての赤ちゃんとそのひとり立ちが見られる。
石灰質の北上高地に浸透した雨水が龍泉洞に豊かな水をたたえ、地底湖にはヨコエビ、周囲の川にはカワガラスやキセキレイが生息。
天然記念物のイヌワシも石灰岩の崖に巣をかける。
龍泉洞の神秘と恵みの世界。

http://www4.nhk.or.jp/sawayaka/x/2017-10-29/21/27006/2503768/

 

洞窟番組

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 8月25日(金)23時07分10秒
返信・引用 編集済
  8月30日(水)20:00~21:54
フジテレビ系列
世界の何だコレ!?ミステリー「そこで何があった!?謎を直撃2時間SP」

「洞窟王」と大冒険!人類未踏の洞窟へ!
以前、当番組で「離島へ続く」と噂の洞窟を大調査した洞窟探検家・吉田勝次。
これまで、世界1000カ所もの洞窟に挑んだというスペシャリストで、果敢に冒険に挑むその姿はまさに「洞窟王」。
以前の放送で大好評を博し、今回再び、洞窟王と洞窟探検を決行!人類未踏の地を目指す。
洞窟王・吉田が挑む今回の洞窟は、奈良県吉野郡川上村。
以前から探検を続けていたが、新たな地下空間の存在が浮上し、その人類未踏の穴を改めて調査をするという。
狭い洞窟の中、自分より先を行くカメラマンもいないため、自撮り棒を片手に、どんどん突き進む!洞窟の奥には一体何があるのか?

http://www.fujitv.co.jp/sekainonandakore/index.html

 

洞穴番組

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 8月21日(月)22時35分19秒
返信・引用
  8月26日(土)22:00~23:29
NHK BSプレミアム3
体感!グレートネイチャー「ブラジル横断3000km 爽快!水の絶景」

平均標高1千メートル、日本の13倍の面積を誇る南米・ブラジル高原。
そこは<水のゆりかご>とたたえられる場所。
高地と平地、極端な標高差は高原とその周辺に清れつな水の絶景を生むに至った。
巨大沼パンタナール、巨大建造物の柱のようなものが乱立する地下水脈、天然の水族館・ボニート、そして白い砂丘に突如出現する、青き湖沼群…
暑気を吹き飛ばす、爽快な絶景誕生の秘密に迫り、壮大な地球史と大自然を体感!

水中洞窟が紹介され、水中で形成された石筍のような鍾乳石「タワー・コーン 」が放映されるとのことです。
浦田健作氏(日本洞窟学会副会長)監修。

http://www4.nhk.or.jp/greatnature/x/2017-08-26/10/14058/2551086/

 

企画展「洞穴探検家 越智研一郎展」

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 7月28日(金)00時37分59秒
返信・引用
  企画展「洞穴探検家 越智研一郎展」
日程 2017年7月28日(金)~8月31日(木)
場所 龍泉洞観光会館 2階展示場(岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字小屋敷4-8 龍泉洞に隣接)
協力 岩手日報社、岩泉町、龍泉洞事務所、日本洞穴学研究所、野村節三様

貴重な写真や新聞記事を展示。無料。
 

洞窟番組

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 7月22日(土)06時35分9秒
返信・引用
  8月9日(水)19:00~
テレビ朝日系列
ナニコレ珍百景 2時間スペシャル

藤岡弘、探検隊は西表島の巨大縦穴洞窟に潜入!ハブより怖い危険生物と遭遇!?

http://www.tv-asahi.co.jp/nanikore/contents_pre/next/index.html

 

夏季企画展「愛媛の探検家 冒険家たち ~未知への挑戦と開拓~」

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 7月 4日(火)00時31分46秒
返信・引用 編集済
  夏季企画展「愛媛の探検家 冒険家たち ~未知への挑戦と開拓~」
日程 2017年7月15日(土)~8月31日(木)
場所 愛媛人物博物館 3F企画展示室(愛媛県松山市上野町甲650 愛媛県生涯学習センター内)
主催 愛媛県生涯学習センター、愛媛県教育委員会
協力 (公財)龍河洞保存会、NPO法人沖縄鍾乳洞協会、NPO法人日本洞穴探検協会、愛媛大学学術探検部、山内平三郎様ほか

高知県香美市「龍河洞」の全容を8年がかりで解明し、日本各地の洞窟を調査した「洞窟探検のパイオニア山内浩」ほか、「未知への挑戦と開拓」に挑んだ彼らの業績と生涯について、本人ゆかりの実物資料や関連資料、貴重な当時の写真・書籍等を用いて人物ごとに紹介。
8月20日には山内平三郎会員による講演「日本洞穴探検の先駆者「山内浩」が残したもの」を開催。要予約。

http://www.i-manabi.jp/topics/?p=16701

 

夏季特別展「沖縄の旧石器人と南島文化」

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 7月 4日(火)00時29分5秒
返信・引用
  夏季特別展「沖縄の旧石器人と南島文化」
日程 2017年7月1日(土)~9月18日(月)
場所 大阪府立弥生文化博物館 特別展示室(大阪府和泉市池上町4-8-27)
主催 大阪府立弥生文化博物館、沖縄県立博物館・美術館
共催 読売新聞
協力 株式会社南都(おきなわワールド ガンガラーの谷)

白保竿根田原洞穴遺跡やサキタリ洞遺跡から出土した国内最古(約2万7000年前)の旧石器時代人骨の一部や世界最古の貝製の釣り針、縄文・弥生時代と同時期の貝塚文化やグスク、王国に至る南島文化を紹介。

http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/tokubetsu/

 

地R元発足20周年記念懇親会BBQ

 投稿者:地R元事務局  投稿日:2017年 6月23日(金)01時00分31秒
返信・引用 編集済
  地R元は6月28日をもって発足20周年となります。
懇親会を開催したいと思いますので、地R元活動に共感できる方々は是非ご参加ください。
楽しく肉をつつきましょう。

日 程:2017年8月20日(日)
時 間:10:00~16:00(準備手伝い可能な人は7:00頃から)
場 所:都立武蔵野公園 バーべキュー場
参加費:大人(20歳以上)4000円(+1500で生ビール飲み放題)
    大学生      3000円(+1500で生ビール飲み放題/20歳以上)
    中高生      1000円
    小学生       500円
    未就学児        0円
申込み:参加人数、大人〇人、小学生〇人、等々の情報と共に地R元事務局cavers_rover_in_tokyo@yahoo.co.jpまで。
申込済:地底旅団ROVER元老院
    東京スペレオクラブ
    東山ケイビングクラブ
    パイオニアケイビングクラブ
    東京農業大学探検部
    明治大学地底研究部 など
〆 切:7月16日(日)
担 当:有馬パー子、細野
備 考:生ビールサーバーを準備します。
    夏日が予想されるので、暑さ対策、熱射病対策は万全に!特にお子様連れ参加の方。

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index056.html

 

ミニ特別展「四国西予ジオパークの洞窟群」

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 6月23日(金)00時55分46秒
返信・引用 編集済
  ミニ特別展「四国西予ジオパークの洞窟群」
日程 2017年5月30日(火)~11月26日(日)
場所 美祢市立秋吉台科学博物館 2F展示スペース(山口県美祢市秋芳町秋吉1237-938)
主催 美祢市立秋吉台科学博物館

愛媛県西予市において1月に行われた講演会「カルストの地下に広がる洞窟世界」、その一環として行われた「羅漢穴」「穴神鍾乳洞」「龍王洞」などの学術調査の成果に基づいて、西予市の洞窟の特徴や秋吉台との違いについて紹介。

http://www.c-able.ne.jp/~akihaku/amnh/

 

洞窟番組(佐潟の洞窟)

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 6月23日(金)00時51分30秒
返信・引用 編集済
  6月28日(土)19:00~21:54
フジテレビ系列
世界の何だコレ!?ミステリー「そこで何があった!?世界を騒がせた謎を直撃SP」

■続報!離島へ続く謎の穴!?洞窟探検のスペシャリストと潜入!
番組に調査依頼が寄せられた、鹿児島にある「離島へ続くという謎の洞窟」。
以前、サンドウィッチマン伊達が潜入調査に挑むが、あまりの過酷さゆえ途中リタイア。
そこで今回、世界1000カ所以上の洞窟を制覇してきた探検家とともに潜入調査!
人類未踏と思われる、洞窟の奥へと突き進む!果たして、離島へと繋がっているのか?

※吉田勝次氏((社)日本ケイビング連盟)協力。

http://www.fujitv.co.jp/sekainonandakore/index.html

 

緊急公開 白保竿根田原洞穴遺跡 1~4号人骨

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 5月22日(月)00時06分10秒
返信・引用 編集済
  「緊急公開 白保竿根田原洞穴遺跡 1~4号人骨」
期間 2017年5月20日(土)~28日(日)
場所 沖縄県中頭郡西原町字上原193-7「沖縄県立埋蔵文化財センター 企画展示室」

平成22(2010)・平成24(2012)~28(2016)年の発掘調査で出土した人骨のうち、保存状態の良好な4号人骨を中心に一般初公開します。
現存する日本最古の頭蓋骨は、私たちに様々なことを教えてくれます。
日本人のルーツを探るうえで大変貴重な本物の資料をご覧ください。

http://www.pref.okinawa.jp/edu/maizo/bunkakesho/chosa/maizo/fukyu/kikaku/index.html

 

洞窟番組(オルダ水中洞窟)

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 5月 7日(日)17時08分38秒
返信・引用 編集済
  5月13日(土)21:00~21:49
NHK
NHKスペシャル「巨大水中洞窟を潜る 絶景 オルダ“水の宇宙”」

ロシア・ウラル山脈のふもとにある「オルダ水中洞窟」。潜水ダイバーの間で、“世界で最も美しい洞窟”と言われている。年間で最も美しいのは氷に閉ざされた冬。NHKでは1年にわたって準備と訓練を行い、マイナス40度に達する現地に入り、世界で初めて4Kカメラによるオルダ洞窟の撮影に挑んだ。
氷の地下世界を進み、ようやくカメラがとらえたのは、50メートル先が見渡せるほど「ひたすら透明な水」。そして一面真っ白な石膏の岩が作り出す「荘厳な景色」だった。さらに専門家とともにオルダ洞窟誕生の謎を追うと、3億年前からの地形変化や気候変動が重なってできたという「奇跡の物語」が見えてきた。番組では、圧倒的な映像美とともに、絶景・オルダ水中洞窟の知られざる全貌に迫る。

※吉村和久氏(日本洞窟学会評議員)、浦田健作氏(日本洞窟学会副会長)協力。

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170513

 

洞窟番組(昇竜洞・水連洞)

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 4月22日(土)06時05分40秒
返信・引用
  4月23日(日)7:00~7:30
日本テレビ系列
所さんの目がテン!「人気急上昇「沖永良部島」の科学(仮)」

■人気急上昇の離島ランキング1位!「沖永良部島」はどこがスゴい?
人気なのに人少ない!小さな島なのに水豊富!
島の地下に広がる無数の洞窟トンネル…沖永良部島は「洞窟の聖地」!
入社2年目の滝菜月アナが過酷な鍾乳洞を体張って大調査!
「腐った橋」「ズブ濡れダイブ」「奇跡の地中滝」「穴にハマる」…ゴールの絶景に無事たどり着けるか?

※日本洞窟学会、沖永良部島ケイビングガイド連盟協力。

http://www.ntv.co.jp/megaten/index.html

 

洞窟番組(吉田勝次氏)

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 4月 7日(金)00時21分47秒
返信・引用
  4月9日(土)9:20~9:40
エフエムナックファイブ(FM NACK5/79.5MHz)
木村達也 ビジネスの森

話題になっている著者や各界で活躍するあの人が登場するトーク番組。
今回のゲストは先週に続いて『洞窟ばか』の著者、吉田勝次さん。
行けるか行けないか、とにかくやってみる!

http://www.nack5.co.jp/program_1262.shtml?date=2017-04-09

 

洞窟番組(スペイン北部の洞窟)

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 1月19日(木)23時38分0秒
返信・引用
  1月21日(土)21:00~22:48
TBS系列
世界ふしぎ発見!30周年スペシャル

私たちの祖先にあたる現生人類 クロマニョン人の実像が、最新の調査によって、次々に明らかになっています。
中でも謎を解く鍵を握るのが、洞窟に描かれた動物画などの壁画。
今回、番組では洞窟壁画を研究する新進気鋭の古人類学者ジェネビーブ・ボン・ペッツィンガーさんに密着。
彼女が注目したのは、美しい動物画ではなく、これまで見過ごされてきた不思議な図形。
ヨーロッパ中の洞窟の図形を調査し、人類史の常識を覆す衝撃的な仮説を発表。
今、世界の注目を集めています。

※番組内の一部で洞窟、開催中のラスコー展が放送されるようです。

http://www.tbs.co.jp/f-hakken/next/p_4.html

 

2016年台風10号 岩泉町災害義援金(Yahoo!JAPANネット募金)

 投稿者:管理者  投稿日:2016年 9月15日(木)03時40分22秒
返信・引用 編集済
  岩泉町へあなたの暖かい支援をお願いします

2016年8月30日夜、岩手県沿岸部に上陸した台風10号は、岩泉町にとても大きな被害を及ぼしました。岩泉町に限って言えば、2011年の東日本大震災をはるかに超える規模です。
多くの人々の必死の努力により孤立した地区は解消されつつありますが、少なくない人が家を失い、また家は残っても泥水が入り、流木などで破壊され、未だ不自由を強いられている方も多くいます。
河口に近いところでは、東日本大震災から立ち直り始めたところへ、カウンターパンチのように今回の台風被害を受けた方もいます。

この義援金はこれらの被災された方に、岩泉町が責任をもってお届けします。岩泉の人々に対し、皆様からの暖かい支援をよろしくお願いいたします。


岩泉町災害義援金はこちらから↓

http://donation.yahoo.co.jp/detail/5088001/

 

岩泉町が義援金口座開設 台風被害の被災者に分配へ

 投稿者:管理者  投稿日:2016年 9月 2日(金)06時59分19秒
返信・引用
   台風10号による暴風雨で大きな被害が出た岩泉町は1日、全国から義援金を受け付けるため専用口座を開設した。
 振込先は北日本銀行岩泉支店と岩手銀行岩泉支店の普通口座で、名義は「岩泉町災害義援金」。口座番号は北日本銀行が「7030542」、岩手銀行は「2040893」。集まった義援金は被災者に直接分配する予定だ。

2016年9月1日付 岩手日報より転記

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20160901_11

 

企画展「ジオパーク秩父のアナ」

 投稿者:管理者  投稿日:2016年 8月22日(月)23時37分29秒
返信・引用 編集済
  企画展「ジオパーク秩父のアナ」
期間 2016年7月2日(土)~8月31日(水)
場所 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1417-1「埼玉県立自然の博物館 2階企画展示室」
主催 埼玉県立自然の博物館
後援 ジオパーク秩父まるごと推進協議会

洞穴を再現したダンボールトンネルが展示室に登場します。トンネル内では、洞穴の特徴的な生きものである「コウモリ」や「カマドウマ」、幻想的に光る「ヒカリゴケ」などを見ることができます。探検気分で洞穴の世界を味わってみましょう。
一口に穴と言っても、鍾乳洞などの「自然の力が開けた穴」、トンネルなどの「人が開けた穴」、そしてムササビのすみかなどの「生物の営みが開けた穴」など様々なものがあります。そんな多種多様な穴が、どんな場所にあり、どうやってできたのかが分かります。
1995年、皆野町で発見されたヒトの全身骨格「妙音寺洞穴屈葬人骨(みょうおんじどうけつくっそうじんこつ)」を特別公開します。この人骨は縄文時代早期、約1万年前のものと推定されており、本州最古級のものとして、とても貴重な人骨です。

http://www.shizen.spec.ed.jp/?page_id=389

 

スポーツ婚活「東京に佇む立体迷路のような神秘の空間!天然なる日原鍾乳洞を見に行こう!」

 投稿者:管理者  投稿日:2016年 8月20日(土)00時49分51秒
返信・引用
  場所は奥多摩。日原鍾乳洞は、東京にある珍しい鍾乳洞です。
関東一の鍾乳洞だそうで、大きさも圧巻。
入りくんだ立体迷路のような洞穴に入っていきます。入口でマップがもらえるので、見ながら探検スタート。
東京観光としてはもちろん、住んでいても行った事がない人は行くチャンス。
鍾乳洞の後は縁結び観音まで巡り、その後はBBQつき!豪華ツアーです。

【開 催 日】2016年8月28日(日)10時30分~
【開催場所】奥多摩
【募集対象】男女30代~40代前半メイン ※女性は20代もOK
【募集人数】男女各10人 計20人     ※最少催行人数 男女各3名計6名
【参加費用】男性:5500円 女性:3500円

当日は身分証持参必須です。

詳細はウェブサイトまで。

http://www.kontame.com/outdoor/event_detail.php?ev=1514

 

ケイビングジャーナル新ロゴ大募集!

 投稿者:ケイビングジャーナル編集部  投稿日:2016年 8月 6日(土)06時40分59秒
返信・引用 編集済
  ケイビングジャーナル新ロゴ大募集!賞品もあります!

■応募資格
 個人またはグループ。特に制限はありません。

■応募内容
 ケイビングジャーナルに相応しい新しいロゴタイプ(文字)のデザイン。カナ・英字は問いません。

■応募期間
 2016年9月1日~12月31日

■応募要件
(1)国内外で未発表かつ類似のないオリジナル作品に限ります。
(2)デザイン化する文字列は「Caving Journal」または「ケイビングジャーナル」として下さい。
(3)モノクロ化しても見た目上、遜色がない(色の境界線が分かる)デザインとして下さい。(誌面都合上モノクロで印刷する場合があるため)

■応募方法
 ロゴタイプの電子ファイルを電子メールにて送付して下さい。電子メールの件名は「【CJロゴタイプ応募】」とし、以下の項目を本文に明記してください。
(1)氏名(グループであればグループ名及び代表者氏名)
(2)連絡先(日中連絡可能な電話番号)
(3)作品に関する思い入れ・こだわり・アピールポイント
 ※手書きのデザインをjpeg、png、pdf形式で保存したファイルでも応募可能です。
 ファイル容量が10MBを超える場合は、オンラインストレージを利用しURL明記してください。
 電子メール送付先:caving_journal@cj.dojin.com

■選考方法
 ケイビングジャーナル編集委員会にて厳正に審査します。

■賞品
(1)最優秀賞(ロゴタイプ採用作品)
  正賞:ペツル クラシック(中型ケイビングバッグ/22リットル)
     CJバックナンバーセット
  上記に加えて有志団体からの提供いただいたグッズ(クラブステッカー等)を贈呈します。
(2)参加賞
  応募頂いた方、先着10名にケイビングジャーナル特製ステッカーを差し上げます。

■注意事項
(1)採用作品の著作権は日本洞窟学会に帰属するものとします。
(2)採用作品は、デザインの一部を修正・改変する場合があります。
(3)応募の際に入手した個人情報は、応募作品の審査・採用にのみ利用し、他者への提供はしません。
(4)応募要項に記載された事項以外について取り決める必要が生じた場合は、ケイビングジャーナル編集委員会の判断により決定します。

http://cj.dojin.com/

 

「日本洞窟学会第42回大会 苅田町平尾台大会」

 投稿者:管理者  投稿日:2016年 7月22日(金)08時33分39秒
返信・引用
  日本洞窟学会第42回大会 苅田町平尾台大会
日程 2016年8月19日(金)~22日(月)
場所 福岡県京都郡苅田町 平尾台
主催 日本洞窟学会
共催 苅田町
内容 19日 プレ巡検、評議員会、分科会
   20日 開会式、学術講演会(口頭・ポスター)、総会、公開講演会、懇親会
   21日 洞窟巡検、洞窟学講習会、閉会式
   22日 ポスト巡検
※申し込み等の詳しい情報はWebをご覧ください。

http://speleology.jp/congress/con2016/index.html

 

日本洞窟学会第42回大会関連行事「青龍窟と世界の洞窟写真展」

 投稿者:管理者  投稿日:2016年 7月21日(木)09時21分27秒
返信・引用 編集済
  青龍窟と世界の洞窟写真展
日程 2016年7月1日(金)~10月31日(月)
場所 福岡県京都郡苅田町富久町1-19-1 苅田町歴史資料館
内容 日本洞窟学会第42回大会の関連行事。青龍窟や世界各地の洞窟写真を計24枚展示。期間中に写真の入れ替えも予定。
※お問い合わせは「苅田町教育委員会 生涯学習課まちの歴史担当」(TEL093-434-2212)まで。

http://keichiku.info/news/?newsid=6500

 

特別展「世界遺産 ラスコー展 クロマニョン人が残した洞窟壁画」

 投稿者:管理者  投稿日:2016年 6月21日(火)00時14分16秒
返信・引用
  特別展「世界遺産 ラスコー展 クロマニョン人が残した洞窟壁画」
期間 2016年11月1日(火)~2017年2月19日(日)
場所 東京都台東区上野公園7-20「国立科学博物館」
主催 国立科学博物館、毎日新聞社、TBS
後援 文部科学省、外務省、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
協力 日本旧石器学会

 今から2万年ほど前、フランス南西部のヴェゼール渓谷にある洞窟に、躍動感溢れる動物たちの彩色画が描かれました。
そこはラスコー洞窟、壁画を描いたのはクロマニョン人です。
ラスコー洞窟の壁画は、彼らが描いた数ある壁画の中でも色彩の豊かさや、技法、そして600頭とも言われる描かれた動物の数と大きさなどが格別に素晴らしいと言われており、1979年に世界遺産にも登録されました。
壁画を保存するため、洞窟は現在非公開となっていますが、その魅力を広く人々に知ってもらうべく、フランス政府公認のもと制作された展覧会が「LASCAUX INTERNATIONAL EXHIBITION」です。
 2016年秋、世界各国で人気を博しているこの巡回展に日本独自のコンテンツを加えた特別展「世界遺産 ラスコー展 ~クロマニョン人が残した洞窟壁画~」が、国立科学博物館で開催されます。
 本展では、謎に包まれたラスコー洞窟の全貌を紹介するとともに、1ミリ以下の精度で再現した実物大の洞窟壁画展示によって、普段研究者ですら入ることができない洞窟内部の世界を体験することができます。
また、クロマニョン人が残した芸術的な彫刻や多彩な道具にも焦点をあて、2万年前の人類の豊かな創造性や芸術のはじまりを知る旅にご案内いたします。

http://lascaux2016.jp/

 

レンタル掲示板
/5