teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


差し上げます

 投稿者:ごろんぴーメール  投稿日:2008年 4月20日(日)23時10分37秒
  失礼します。趣味でHPを作っているものです。
主に本ですが、捨てるのはもったいないので、
欲しい方は無料で差し上げます。

http://www.geocities.jp/onkenkyu/zoutei.html

をご覧下さい。
(管理人様、発言不適切な場合、削除していただいて結構です)

http://www.geocities.jp/onkenkyu/

 
 

うわっとっとっと

 投稿者:八川克也  投稿日:2007年 8月25日(土)16時14分11秒
  >鬼の子さん
 すみません、もんのすごい放置っぷりでした。自分自身もこちらをチェックして
なかったんで…。ホントにすみません。
 ご感想ありがとうございます。

 人間、喉元過ぎれば熱さを忘れるって言いますからね…。人生を省みたときのことを
忘れずに、できるだけ後悔のないように生きて行きたいです。
 

もう一度明日を

 投稿者:鬼の子メール  投稿日:2007年 6月 4日(月)19時21分18秒
  を読みました。
1ヶ月前に、癌の可能性がある ということが私の身に起きたとき、後悔したものです。
もっと早くにとりかかっていればとか、いろいろ思いました。
最終検査が出るまでは、そのような反省を踏まえて、一分一秒を大事にとすごしたものです。しかし、検査結果でシロと判定された時から、時間がたって、だんだんとまた、いつもの日常に戻りつつありました。
これを読んで、また、気持ちを引き締めたいと思いました。
ありがとうございました。
 

ページの更新自体久しぶりで

 投稿者:八川克也  投稿日:2007年 3月22日(木)18時34分54秒
  >白雪さん
 どうもです。なんか自分よりもSFに詳しくなっていそうな予感が(笑)。小川一水は
読んでますが、グレッグ・イーガン、ル・グインは読んだことがありません。うーん。
 SFマガジンは今回で4回目になります。読者投稿なのでたいした賞といえるほどでは
ありませんが、このあたりからセコセコやっていき、いつか……と、なることを考えて
たり。SFマガジン、高いのにわざわざありがとうございます。感想はぜひ聞かせてくだ
さい。
 

ものすごく久しぶりです

 投稿者:白雪  投稿日:2007年 3月18日(日)14時50分57秒
  お返事くださっていたとは知らず、ご無沙汰してしまいました。しばらくパソコンからはなれていたもので……     あれからSFにはまってしまい「楽園の泉」も読みましたし、グレッグ・イーガン、小川一水、ル・グィンの「闇の左手」なども読みました。                     ブログのほうものぞいたらSFマガジンに作品が掲載されるんですね。もちろん買って読みますよ。読んだら感想書きにまたお邪魔しますね。  

mixi

 投稿者:鬼の子メール  投稿日:2007年 2月15日(木)14時46分38秒
  どうやったら探せますか?
私はどこでも鬼の子ですが・・・
ちょっくら探してみますね。
 

割と放置気味な

 投稿者:八川克也  投稿日:2007年 2月 7日(水)22時58分23秒
  >鬼の子さん
 お久しぶりです。会社からアクセスしても、小説サイトならバレにくい…ですかね(笑)。
 最近更新がなくて申し訳ないです。活動がmixiに軸足を移してしまったもので。作品の更新もないまま一年越えしてしまったので、そろそろなんか掲載用に書かねば、ですね…。
 

おひさしぶりです

 投稿者:鬼の子メール  投稿日:2007年 2月 2日(金)11時19分36秒
  ネット環境が定まらず、ご無沙汰してしまいました。
今もこっそり、会社からアクセスしています。
従いまして、書き込みの途中で、投稿ボタンを押すこともあるやもしれず・・・
 

いらっしゃいませ

 投稿者:八川克也  投稿日:2006年 6月22日(木)20時34分3秒
   返信が遅いぐだぐだ管理人です。すみません。
 ゆっくり読み進んでってください。最近新作の追加もあんまりしていないので、すばやく読ま
れるとあっという間です(笑)。

 えーと、軌道エレベータの元祖的な小説といえばA・C・クラーク「楽園の泉」ですが、
これは…どうなんでしょう。読まれたんでしょうか。で、読んでないからといって「ぜひぜひ!」
とかお勧めもしづらい作品で。ジャンルがいわゆる「海外ハードSF」なので…。
「海外SFとか問題なし」ということでしたら読んでみてください。おそらく、軌道エレベータ
をネタとして使った人は、ほとんどがこの作品を知っていると思います。(先に勧めた
「まっすぐ天へ」でも、この作者をもじった人物が作中に出てくるくらいです)
 

おじゃましてます

 投稿者:白雪  投稿日:2006年 6月14日(水)19時44分38秒
  久しぶりに読みにきました。
いっきに読んじゃうと楽しみが減るので、少しずつ読もうと思ってます。
ここのところ、なかなかいい小説に出会わないので…^^;
おすすめして頂いた漫画、早速買ってよんでみますね。
 

レンタル掲示板
/10