投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: 七連合の完全作のリスト

 投稿者:神無七郎  投稿日:2017年 3月22日(水)09時41分37秒
返信・引用
  > No.1652[元記事へ]

>(4) OT松田作 73手詰 近代将棋 1983年12月号 *角に対する斜の七歩連合

この図では55歩合の後、13手目81と以下簡単な早詰があるようです。
私は当時の近代将棋を持っていないので、これが正図なのか、
修正図等があったのかどうか確認できません。

また、リストにあったもう一つの斜の七歩連合、

> (5) 駒場和男作 79手詰 「凌雲閣」近代将棋 1984年7月号 *角に対する斜の七歩連合

これは75手目73歩の代わりに63金打とする手順(駒余り81手詰となる)をどう見るかですね。
私の感覚では余詰なのですが、駒場氏は単なるキズとみなしていたのだと思います。
 

Re: 七連合の完全作のリスト

 投稿者:おかもと  投稿日:2017年 3月20日(月)22時36分20秒
返信・引用
  > No.1647[元記事へ]

(4) OT松田作 73手詰 近代将棋 1983年12月号 *角に対する斜の七歩連合
 

re: 双裸玉作品

 投稿者:TETSU  投稿日:2017年 3月20日(月)14時21分48秒
返信・引用
  EOGさん、ご教示ありがとうございます。
双裸玉リストに追加しました。

http://www.ne.jp/asahi/tetsu/toybox/kenkyu/souragyoku.htm

 

双裸玉作品

 投稿者:EOG  投稿日:2017年 3月20日(月)11時26分41秒
返信・引用
  スマホ詰パラNo.8171、柏木「花一匁」(2016.9.29) ▲74玉&△72玉、持駒金桂香があります。  

re: 双裸玉作品のお知らせ

 投稿者:TETSU  投稿日:2017年 3月19日(日)22時37分42秒
返信・引用
  本間さん、ご教示ありがとうございます。
当時は手順が書かれてなく、発表とは扱っていなかったようです。
今回手順も発表されましたので、双裸玉リストに追加させていただきます。
 

双裸玉作品のお知らせ

 投稿者:本間晨一  投稿日:2017年 3月19日(日)20時02分41秒
返信・引用
  双裸玉作品の発表リストを拝見しました。
発表先がおもちゃ箱掲示板でもよいのであれば、小生が次の2作を盤面双玉煙として、平成20年1月11日に発表しています。

(1)
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v玉 ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩
詰手順:
▲3二銀    △1一玉    ▲1二歩    △同 玉    ▲2三銀成  △2一玉
▲2二成銀
まで7手詰

(2)
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v玉|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 金
詰手順:
▲2九金    △同 玉 ▲2三飛    △3九玉    ▲2八飛成  △4九玉
▲4八龍
まで7手詰
 

Re: 七連合の完全作のリスト

 投稿者:774  投稿日:2017年 3月18日(土)05時41分6秒
返信・引用
  > No.1646[元記事へ]

ありがとうございます!あとは、OT松田作の角に対する7連合ですね。
 

Re: 七連合の完全作のリスト

 投稿者:おかもと  投稿日:2017年 3月17日(金)21時51分42秒
返信・引用
  > No.1645[元記事へ]

(2) 森田拓也作 63手詰「北斗」ですが、初出は詰パラ1971年11月号ではなく、1971年9月号です。
また、この作品は不詰でしたが、作者による修正図が『この詰将棋がすごい! 2010年度版』p85に掲載されています。
 

Re: 七連合の完全作のリスト

 投稿者:774  投稿日:2017年 3月14日(火)02時38分51秒
返信・引用
  > No.1644[元記事へ]

ありがとうございます。図面が見つかったものに関してはリンクを貼っておきます。
(1) http://torakamaneko.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/11-554e.html
(3) http://hirotsume.blog.fc2.com/blog-entry-261.html?sp
(5) http://torakamaneko.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/11-554e.html
(6) http://kakikake.hateblo.jp/entry/2016/01/01/210004

(2) に関しては、不詰という情報が http://toybox.tea-nifty.com/memo/2007/03/post_2074.html にありますね。

> > 七連合の完全作のリストが知りたいのですが、どこかにありませんか?
>
> 漏れ・不完全作があるかもしれませんが、一応列挙しておきます。
>
> (1) 山中龍雄作 59手詰 近代将棋 1968年6月号 *飛に対する横の七歩連合
> (2) 森田拓也作 63手詰「北斗」 詰将棋パラダイス 1971年11月号 *香に対する縦の七歩連合 (※ 小駒図式)
> (3) 七條兼三作 67手詰 近代将棋 1977年4月号 *香に対する縦の七歩連合
> (4) OT松田作 73手詰 近代将棋 1983年12月号 *角に対する斜の七歩連合
> (5) 駒場和男作 79手詰 「凌雲閣」近代将棋 1984年7月号 *角に対する斜の七歩連合
> (6) 添川公司作 77手詰 「魁」近代将棋 1986年6月号 *竜に対する縦の七歩連合
>
> (7)? 田島秀男作 91手詰 詰将棋パラダイス 2014年10月号 *香に対する縦の七歩連合 (※ 四桂連合 + 七歩連合の二重趣向 。双玉図)
>
>
> ※ (6)までのリストは、近代将棋1995年7月号の「夜の詰将棋」に掲載されていたものですが、(7)の作品との間に19年の隔たりがありますので、他の作品がありそうな気がします。
>
> ※ (7)の作品は、下記のWEBサイトで閲覧できます。
> http://aburida-c.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/no144-290-3a6b.html#_ga=1.264305103.1599820833.1429322252
 

Re: 七連合の完全作のリスト

 投稿者:名無し  投稿日:2017年 3月11日(土)09時44分30秒
返信・引用
  > No.1642[元記事へ]

> 七連合の完全作のリストが知りたいのですが、どこかにありませんか?

漏れ・不完全作があるかもしれませんが、一応列挙しておきます。

(1) 山中龍雄作 59手詰 近代将棋 1968年6月号 *飛に対する横の七歩連合
(2) 森田拓也作 63手詰「北斗」 詰将棋パラダイス 1971年11月号 *香に対する縦の七歩連合 (※ 小駒図式)
(3) 七條兼三作 67手詰 近代将棋 1977年4月号 *香に対する縦の七歩連合
(4) OT松田作 73手詰 近代将棋 1983年12月号 *角に対する斜の七歩連合
(5) 駒場和男作 79手詰 「凌雲閣」近代将棋 1984年7月号 *角に対する斜の七歩連合
(6) 添川公司作 77手詰 「魁」近代将棋 1986年6月号 *竜に対する縦の七歩連合

(7)? 田島秀男作 91手詰 詰将棋パラダイス 2014年10月号 *香に対する縦の七歩連合 (※ 四桂連合 + 七歩連合の二重趣向 。双玉図)


※ (6)までのリストは、近代将棋1995年7月号の「夜の詰将棋」に掲載されていたものですが、(7)の作品との間に19年の隔たりがありますので、他の作品がありそうな気がします。

※ (7)の作品は、下記のWEBサイトで閲覧できます。
http://aburida-c.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/no144-290-3a6b.html#_ga=1.264305103.1599820833.1429322252
 

七連合の完全作のリスト

 投稿者:774  投稿日:2017年 3月 9日(木)00時41分9秒
返信・引用
  七連合の完全作のリストが知りたいのですが、どこかにありませんか?  

七連合の記録

 投稿者:774  投稿日:2017年 3月 9日(木)00時39分43秒
返信・引用
  記録に挑戦に、連続合駒(7連合)の記録はありませんか。完全作をすべて知りたいのですが。  

双玉・金桂都煙詰

 投稿者:本間晨一  投稿日:2017年 3月 7日(火)16時02分34秒
返信・引用
  双玉の金桂都煙詰への再チャレンジです。次図は都詰であることをしっかり確認しました。今度こそ 双玉の金桂都煙詰の1号局で、理論的最短手数(11手詰)だと思います。

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|三
| ・ ・ 桂 ・ 桂 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ 金 桂 桂 ・ 金 ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
詰手順:
▲6二桂左成△同 金 ▲5三金    △同 金    ▲同桂成    △同 玉
▲6三金    △5四玉 ▲6四金引  △5五玉    ▲6五金引
まで11手詰

 

双玉・金桂都煙詰の訂正

 投稿者:本間晨一  投稿日:2017年 3月 7日(火)03時04分27秒
返信・引用
  “詰上り中段での「2種類の小駒(歩なし)による煙詰」への追加4” でご報告しました金桂都煙詰は、詰上がりは5四で、5五(都)ではありませんでした。一段ずれていました。うかつなことに、読者の方からのお知らせで、間違いがわかりました。読者の方々にはご迷惑をおかけしましたことを、お詫び申し上げます。

ご報告した作品は、詰上がり中段(5四玉)の双玉・金桂煙詰に訂正させていただきます。
従いまして、双玉・金桂都煙詰は作図(発表)なしになります。
 

嘘だらけの日仏近現代史

 投稿者:松田圭市メール  投稿日:2017年 3月 6日(月)18時40分26秒
返信・引用
  比喩的には「魔女狩り」と「革命」が起こっているかのように思える将棋界…。

どうしても、この本とシンクロしてしまいます(笑)。是非ご一読を!

『嘘だらけの日仏近現代史』 倉山満 著
 

国立国会図書館の不明著作者調査について

 投稿者:かねこきよし  投稿日:2017年 3月 6日(月)00時03分6秒
返信・引用
  国立国会図書館の蔵書についての不明著作者の調査は、開始から2年ちかく経っています。
現在でも、将棋、詰将棋と関係していそうな書名の著作者が、不明リストに挙がっていますので、ご存じの方は情報提供して頂けるとありがたいです。

https://openinq.dl.ndl.go.jp/search

 

詰上り中段での「2種類の小駒(歩なし)による煙詰」への追加4

 投稿者:本間晨一  投稿日:2017年 3月 4日(土)20時17分11秒
返信・引用
  詰上り中段での「2種類の小駒(歩なし)による煙詰」の記録で「作図なし」のうちの双玉・金桂都煙詰
ができましたので、ご報告いたします。

次図は、双玉の金桂都煙詰(13手詰)の1号局です。

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・v金 ・v玉 ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ 桂 ・ 桂 玉 ・ ・|三
| ・ ・ 金 桂 ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
詰手順:
▲5一桂左成△同 金    ▲同桂成    △同 玉    ▲5二金    △同 金
▲同桂成    △同 玉    ▲5三桂成  △同 玉    ▲6三金打  △5四玉
▲6四金引
まで13手詰
 

詰上り中段での「2種類の小駒(歩なし)による煙詰」への追加3

 投稿者:本間晨一  投稿日:2017年 3月 4日(土)00時25分19秒
返信・引用
  詰上り中段での「2種類の小駒(歩なし)による煙詰」の記録の一覧表で「作図なし」の2か所の穴埋めができましたので、ご報告したします。

(1)詰上り中段での金銀煙詰
次図は詰上り中段(4三玉)での金銀煙詰で、理論的最短手数(9手詰)です。

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v金 ・v銀 銀 ・ ・|二
| ・ ・ ・ 金 ・ 全 全 金 ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 金 ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
詰手順:
▲5二成銀 △同 金 ▲4二成銀 △同 玉 ▲4三銀打 △同 金
▲同銀成 △同 玉 ▲5三金打
まで9手詰  (7手目同銀成のところで、同銀不成の非限定があります)

(2)双玉・詰上り中段での金銀煙詰
次図は双玉の詰上り中段(4三玉)での金銀煙詰で、理論的最短手数(11手詰)です。

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・v玉 ・v銀 ・ ・|一
| ・ ・ ・v金v金 ・ 銀 ・ ・|二
| ・ ・ ・ 金 ・ 全 全 金 ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
詰手順:
▲5二成銀 △同 金 ▲4二金 △同 銀 ▲同成銀 △同 玉
▲4三銀打 △同 金 ▲同銀成 △同 玉 ▲3三金打
まで11手詰  (9手目同銀成のところで、同銀不成の非限定があります)


詰上り中段での「二種類の小駒(歩なし)による煙詰」の記録の一覧表を更新しましたので、ご報告させていただきます。

詰上り中段での「二種類の小駒(歩なし)による煙詰」の一覧表
(長:長手数、短:短手数、長短:1作のみで長短を兼ねる)


駒種類                玉の種類                                            および       -----------------------------------------------------------------------
(玉位置)         単玉                   双玉                                -------------   ------------------------------   ------------------------------------
金銀(都)       作図なし                 長19手詰(都) 短17手詰(都)
     (その他)     長短9手詰               長短11手詰
金桂(都)     長短9手詰(都)              作図なし
    (その他)   長11手詰(5六) 短9手詰(5六)  長短11手詰(5六)&(5七)
金香(都)     長短9手詰(都)             長短13手詰(都)
    (その他)   長短11手詰(3二)            長短11手詰(5四)
銀桂(都)     長短9手詰(都)              長短11手詰(都)
    (その他)   長11手詰(5六) 短9手詰(5六)   長短11手詰(5六)
銀香(都)     長短9手詰(都)               長13手詰(都) 短11手詰(都)
    (その他)  長短15手詰(3七)            長17手詰(3七) 短11手詰(5四)
桂香(都)     長15手詰(都) 短9手詰(都)     長13手詰(都) 短11手詰(都)
    (その他)   長11手詰(5七) 短9手詰(5七)  長短11手詰(5七)
-------------   ------------------------------------------------------------------------
注 1.赤字:今回 更新または新規登録した記録
    2.( )に玉の詰上り場所を表示
    3.持駒はなし
?
 

詰上り中段での「2種類の小駒(歩なし)による煙詰」への追加2

 投稿者:本間晨一  投稿日:2017年 3月 2日(木)02時06分57秒
返信・引用
  詰上り中段での「2種類の小駒(歩なし)による煙詰」の未開拓の分野および記録の更新にチャレンジしたところ、いくつか作図できましたのでご報告いたします。

(1)詰上り中段での金桂煙詰
次図は詰上り中段(5六玉)の無防備金桂煙詰の11手詰です。なお、この図の玉と3一金をそれぞれ一段下げれば、理論的最短手数の9手詰になります(図および詰手順は省略)。また、3一金を4二香に、残りの3金を3成香に置き換えれば、詰上り中段(5六玉)の桂香煙詰11手詰になります(図および詰手順は省略)。

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・v玉 ・ 金 ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 金 ・ 桂 ・ 金 ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
詰手順:
▲4一金 △5二玉 ▲4二金 △5三玉 ▲4三金 △5四玉
▲4四金 △5五玉 ▲4五金引 △5六玉 ▲4六金引
まで11手詰

(2)双玉・詰上り中段での金桂煙詰
以前ご報告した「詰上り中段(5六玉)での双玉・金桂煙詰」は無防備ではありませんでした。今回 詰手数(11手詰)は 同じですが、詰上り中段(5七玉)で無防備の双玉・金桂煙詰に改作しました。

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 金 ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ 桂 金 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ 金 ・ 桂 ・ 金 ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
詰手順:
▲5三金 △同 玉 ▲4三金 △5四玉 ▲4四金 △5五玉
▲4五金 △5六玉 ▲4六金引 △5七玉 ▲4七金引
まで11手詰

(3)詰上り中段での銀桂煙詰
(1)の「詰上り中段での金桂煙詰」の応用ですが、次図は詰上り中段(5七玉)の無防備銀桂煙詰の11手詰です。なお、この図の5一玉を5二玉に、3二銀を3三銀に替えると、無防備で理論的最短手数の9手詰になります(図および詰手順は省略)。

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 全 ・ 桂 ・ 全 ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
詰手順:
▲4一銀成 △5二玉 ▲4二成銀 △5三玉 ▲4三成銀 △5四玉
▲4四成銀 △5五玉 ▲4五成銀引△5六玉 ▲4六成銀引
まで11手詰

(4)双玉・銀香都煙詰
双玉・銀香都煙詰の理論的最短手数(11手詰)です。

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v銀 ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ 杏 ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ 全 全 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v香 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ 香 銀 香 ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
詰手順:
▲5二成香 △同 玉 ▲5三成銀右△同 銀 ▲同成銀 △同 玉
▲5四銀 △同 玉 ▲5五銀 △同 玉 ▲5六香
まで11手詰

(5)詰上り中段での桂香煙詰
詰上り中段(5七)での無防備桂香煙詰で、理論的最短手数(9手詰)です。

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ 桂 香 ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ 香 ・ 香 ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ 杏 ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
詰手順:
▲4三香成 △5四玉 ▲4四成香 △5五玉 ▲4五成香 △5六玉
▲4六成香 △5七玉 ▲4七成香
まで9手詰

(6)双玉・桂香都煙詰
双玉・桂香都煙詰の理論的最短手数(11手詰)です。初手5二桂右成のところで5二桂左成の手順前後があります。

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・v杏 ・ ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ 桂 ・ 桂 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ 桂v香 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ 香 圭 香 ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
詰手順:
▲5二桂右成△同成香 ▲同桂成 △同 玉 ▲5三桂成 △同 玉
▲5四香 △同 玉 ▲5五成桂 △同 玉 ▲5六香
まで11手詰

あとがき
現時点での、詰上り中段での「2種類の小駒(歩なし)による煙詰」の記録を一覧表にしましたので、ご参考までに 掲載します。まだ作図なしが4か所あります。小生の作図力では このあたりが限界のようです。

詰上り中段での「二種類の小駒(歩なし)による煙詰」の一覧表
(長:長手数、短:短手数、長短:1作のみで長短を兼ねる)


駒種類                玉の種類                                               および       -----------------------------------------------------------------------
(玉位置)        単玉                      双玉                                            -------------   ------------------------------   ------------------------------------
金銀(都)       作図なし                 長19手詰(都) 短17手詰(都)
     (その他)     作図なし               作図なし
金桂(都)    長短9手詰(都)            作図なし
    (その他)  長11手詰(5六)短9手詰(5六)   長短11手詰(5六)&(5七)
金香(都)    長短9手詰(都)            長短13手詰(都)
    (その他)  長短11手詰(3二)            長短11手詰(5四)
銀桂(都)    長短9手詰(都)             長短11手詰(都)
    (その他)   長11手詰(5六)短9手詰(5六)    長短11手詰(六)
銀香(都)     長短9手詰(都)               長13手詰(都) 短11手詰(都)
    (その他)   長短15手詰(3七)            長17手詰(3) 短11手詰(5四)
桂香(都)     長15手詰(都) 短9手詰(都)    長13手詰(都) 短11手詰(都)
     (その他)  長11手詰(5七)短9手詰(5七)   長短11手詰(5七)
-------------   ------------------------------------------------------------------------
注 1.赤字:前回の一覧表以降に 更新・修正または新規登録した記録
    2.( )に玉の詰上り場所を表示
    3.持駒はなし
 

夕刊フジの詰将棋

 投稿者:角 建逸メール  投稿日:2017年 2月27日(月)09時35分21秒
返信・引用
   本年2月27日から「夕刊フジ」の詰将棋を担当することになりました。
平日月~金(祝日は休み)で、手数は主に9手~15手の範囲内での出題
となります。
私は短編が苦手なのものですから、まさに苦行です(笑)。
そんなわけで、知り合いの詰将棋作家にも声をかけて、いろいろな方に
出題を依頼していくつもりです。
お代とお暇のある方は、ぜひ一度紙面をご覧ください。
 

/40