投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ABC殺人事件

 投稿者:松田圭市メール  投稿日:2017年 5月23日(火)19時27分39秒
返信・引用
   殺人事件はちょっとアレですが、鉄道マニア、偏執狂、愉快犯という点では詰キストとしては他人事ではないように思いました。ミステリー好きな詰キストも多いようですが、推理小説は面白いものですね。お勧めです。

『ABC殺人事件』アガサ・クリスティー
 

re: 煙詰の定義

 投稿者:TETSU  投稿日:2017年 5月23日(火)12時12分57秒
返信・引用
  > 玉方51玉、攻方53王、持駒金、これが双裸玉煙に分類されるという意味ですか?

はい、そうです。記録に挑戦!で双裸玉煙の長手数記録として下記作品を登録しています。
増田直樹 33玉|11玉|飛歩 7手

単玉の裸玉煙は残念ながら完全作がないので記録に挑戦!には未登録ですが、準完全作として以下の2局があります。
伊藤看寿 |11玉|飛飛金銀 31手
岡村孝雄 |18玉|飛角角銀銀桂香 39手
 

Re: re: 煙詰の定義

 投稿者:小林尚樹  投稿日:2017年 5月23日(火)10時32分1秒
返信・引用
  > No.1718[元記事へ]

TETSUさん
詳細なお返事ありがとうございます。
勉強になります。

> 下記の記事をご参照ください。

はい。暫く理解に努めます。

> ただ、条件を狭くしても、今度はそこからはずれたものに別な名前が必要になるので、煙詰類のような包括名称はなるべく広い定義にした方が便利です。

なるほどです。
その考え方は、「裸玉」という括りが今まであってそれは単玉のみだったのだけど、新たに双玉の裸玉が登場したので、「裸玉」の括りを広義に広げて、広義の「裸玉」には単裸玉と双裸玉があります、とするのと同じですね。

> 双裸玉煙のように盤面駒数が増える煙もありますし。

これを知らなくてビックリした次第です。
玉方51玉、攻方53王、持駒金、これが双裸玉煙に分類されるという意味ですか?
 

re: 煙詰の定義

 投稿者:TETSU  投稿日:2017年 5月23日(火)01時25分38秒
返信・引用
  > 初形の持駒はダメなんですね。

下記の記事をご参照ください。

> 意外だったのは、盤上の駒が消えていくという事が条件に無いことです。

公式な定義があるわけではないので、人によって意見が違うかもしれません。
ただ、条件を狭くしても、今度はそこからはずれたものに別な名前が必要になるので、煙詰類のような包括名称はなるべく広い定義にした方が便利です。
双裸玉煙のように盤面駒数が増える煙もありますし。
 

持駒ありの煙詰

 投稿者:TETSU  投稿日:2017年 5月23日(火)00時23分17秒
返信・引用
  もともとの煙詰は盤面全駒から最少駒数になることを目的に作られたので、当然持駒はなしとなります。小駒煙、貧乏煙、歩なし煙、七色煙など駒種類趣向と組み合わせた煙も、盤面その駒種全駒の条件から、やはり持駒なしになります。

一方、一色煙、飛角煙など置駒趣向と組み合わせた煙は、持駒の制約がないので、持駒なし・あり両方の作品が作られています。記録に挑戦!では、両者を区別して、持駒ありの作品は盤面xx煙という名前で呼んでいます(盤面金一色煙など)。

駒種類趣向は普通持駒を含めた使用駒全体についての制約ですが、盤面だけに着目した駒種類趣向も当然考えられるので、その煙ももっと作られてよいと思うのですが、作例はほとんどないようです。持駒ありの方が、なし一通りにくらべ組み合わせはずっと多いので、より内容豊富な作品が作れると思うのですが。持駒飛角4枚の盤面小駒煙とか、見てみたいものです。

盤面全駒の条件を持駒を含めた使用駒全駒にした条件も考えられますね。持駒ありの使用駒全駒煙って、単玉は岩木錦太郎「武蔵野」詰パラ1963年3月(歩8)、双玉は天地学仁「夜明け」詰パラ1978年3月(金歩5)各1作しかないようで、普通の煙詰よりよっぽど希少価値が高そうです。準煙などといわれて評価されないことが多かったようですが、そういう条件の煙だと認識して評価すべきだと思います。
 

短編の煙小作品(6)

 投稿者:本間晨一  投稿日:2017年 5月22日(月)12時09分40秒
返信・引用
  短編の煙小作品の続きです。詰手筋の例題のような記録作品ですが、ご笑覧ください。

(1) 無防備・飛一色煙の短手数(3手詰)です。 調査漏れがあるかもしれませんが、意外なことに従来の飛一色煙詰の短手数記録は7手詰のようです。(煙る駒はありませんが、飛一色煙として 詰上り3枚は最小駒数として許容されているようですので 作図してみました)

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 龍 ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v玉|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
詰手順:
▲3八飛    △1九玉    ▲2八龍
まで3手詰

(2) 無防備・角一色煙の短手数(3手詰)です。調査漏れがあるかもしれませんが、意外なことに従来の角一色煙詰の短手数記録は7手詰のようです。(煙る駒はありませんが、角一色煙として 詰上り3枚は最小駒数として許容されているようですので 作図してみました)

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 角|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 馬|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v玉|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
詰手順:
▲3七角    △2九玉    ▲2八馬
まで3手詰
 

Re: re: 煙詰の定義

 投稿者:小林尚樹  投稿日:2017年 5月22日(月)06時45分11秒
返信・引用
  > No.1714[元記事へ]

TETSUさん
ありがとうございます。
お勉強してみました。

広義の煙詰は、
1.特定の駒を全て配置(狭義では39枚の駒、ミニ煙では一部の駒)
2.必要最低限の枚数で詰め上がる(狭義では3枚)

初形の持駒はダメなんですね。

意外だったのは、盤上の駒が消えていくという事が条件に無いことです。
「煙らない煙詰」という言葉を、意味がないという意味で使っていましたので…
 

re: 煙詰の定義

 投稿者:TETSU  投稿日:2017年 5月21日(日)12時00分51秒
返信・引用
  単に煙詰というときは盤面39枚から詰上り3枚になる詰将棋を指すことが多いですね(元々は図巧99番の題名として後から付けられたもの)。いろいろなタイプの煙詰類(双玉煙、小駒煙、ミニ煙など)を指して煙詰という場合もあるようです(広義の煙詰)。

狭義の煙詰の1号局は図巧99番、広義の煙詰の1号局は妙案99番です。

Wikipediaに煙詰の解説があったので、リンクしておきます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%85%99%E8%A9%B0

 

煙詰の定義

 投稿者:小林尚樹  投稿日:2017年 5月21日(日)09時33分54秒
返信・引用
  素朴な質問です。
詰上り最小駒数を満たしている作品は、全て煙詰なんですか?
 

re: 「トライトル」について

 投稿者:TETSU  投稿日:2017年 5月19日(金)01時40分55秒
返信・引用
  吉田京平さん、ご指摘ありがとうございます。
すべて指摘の通りで、修正しました。
すみません。もっと慎重に確認しなければいけませんね。
 

短編の煙小作品(5)

 投稿者:本間晨一  投稿日:2017年 5月18日(木)23時55分50秒
返信・引用
  短編の煙小作品の続きです。ご笑覧ください。

(1)無防備双玉・都飛一色煙の3手詰です。(煙る駒はありませんが、双玉・都飛一色煙として 詰上り4枚は最小駒数として許容されているようですので 作図してみました)

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・v玉 ・ 玉 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
詰手順:
▲4三飛成  △5五玉    ▲4五龍
まで3手詰

(2)無防備双玉・都角一色煙の3手詰です。(煙る駒はありませんが、双玉・都角一色煙として 詰上り4枚は最小駒数として許容されているようですので 作図してみました)

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ 角 ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ 馬 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・v玉 ・ 玉 ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
詰手順:
▲3四角成  △5五玉    ▲4五馬
まで3手詰
 

「トライトル」について

 投稿者:吉田京平  投稿日:2017年 5月18日(木)22時20分59秒
返信・引用
  楽しみにしていた、井上徹也作「トライトル」375手の掲載、ありがとうございます。
本作の備考について、いくつか誤りがあると思います。ご指摘がありましたらすみません。

1.趣向の構造について、「龍追い×縦連取り」と書かれている部分がありますが、26、27の駒を消去する縦連取りは龍追いを行っていないように見えます。

2.42龍以下龍追いを1往復余分にする迂回手順が成立するとありますが、181手目については、42龍としても157手目と同一の局面に戻るだけなので、まったく問題ないと思います。
(225・269・313)手目も同様です。

3.本作は看寿賞を受賞していません。
 

推理将棋109~111正解手順

 投稿者:NAOメール  投稿日:2017年 5月18日(木)21時27分47秒
返信・引用
  おもちゃ箱推理将棋担当のNAOです。結果解説が遅延しており、申し訳ありません。
解答発表を心待ちにされている方もおられるでしょう。
正解手順だけでも先に発表して欲しいとのご意見もいただきましたので、掲示板をお借りして正解手順を発表します。
第109回6題、第110回3題、第111回3題。手順解説は後日になりますが従来とおり推理将棋コーナーで行います。

第109回
109-1 中級 渡辺秀行 作  詰まされても良し 10手
▲6八金  △3四歩  ▲5八金上  △5五角  ▲3六歩  △2八角不成
▲3七桂  △同角不成  ▲4八銀  △2九飛 まで10手.

109-2 中級 斧間徳子 作  平成29年新年将棋大会 10手×2
第1局:▲4八玉  △3四歩  ▲3八玉  △3五歩  ▲3六歩  △同 歩
▲3七桂  △3二飛  ▲2九飛  △3七歩成 まで10手.
第2局:▲7六歩  △3四歩  ▲6六角  △同 角  ▲5八飛  △1八角
▲4八玉  △2九角不成  ▲5九金左  △5六桂 まで10手.

109-3 中級 Pontamon 作   地味な指し初め 11手
▲1六歩  △3四歩  ▲1七桂    △4二玉  ▲2九飛  △3三玉
▲7六歩  △2四玉  ▲3三角不成 △1四玉  ▲1五歩 まで11手.

109-4 中級 DD++ 作  三羽のトリ 11手(香落ち)
△3四歩  ▲1六歩  △4四角  ▲1七香  △同角不成  ▲5八飛
△2八香  ▲4八玉  △2九香成 ▲5九金右  △3九角成 まで11手.

109-5 上級 はなさかしろう 作 2017(平成29)年・丁酉の指し初め 20手
▲7六歩  △4二飛  ▲3三角成  △3二金  ▲4三馬  △9九角成
▲5三馬  △4七飛成 ▲3一馬  △8九馬  ▲1三馬  △6七馬
▲2三馬  △3七龍  ▲3二馬  △3九龍  ▲2一馬  △2九龍
▲1一馬  △4九龍 まで20手.


第110回
110-1 初級 Pontamon 作   1条件の妙       11手
▲7六歩  △3四歩  ▲2二角不成 △5四歩  ▲5三角  △4四歩
▲同角左不成 △5二玉  ▲3一角成 △5一金左 ▲5三角成 まで11手.

110-2 中級 Pontamon 作   棋譜研究(9手目56金) 10手
▲7八飛  △3四歩  ▲6八金  △7七角成  ▲6六歩  △7八馬
▲6七金  △6八飛  ▲5六金  △6九馬 まで10手.

110-3 上級 渡辺秀行 作   遠隔詰その1      11手
▲9八香  △1二香  ▲7六歩  △3四歩  ▲2二角成  △4二玉
▲2一馬  △3三玉  ▲4三馬  △2二玉  ▲9九角 まで11手.


第111回
111-1 初級 Pontamon 作    13龍があった対局   11手
▲2六歩   △2四歩  ▲2五歩  △同 歩  ▲同 飛  △4二金
▲2二飛成 △4一玉  ▲1三龍  △3二玉  ▲2三角 まで11手.

111-2 中級 Pontamon 作    23飛まで       11手
▲7六歩  △3四歩  ▲2二角成 △3二飛  ▲同 馬  △4四歩
▲2三馬  △4二玉  ▲4一馬   △3三玉  ▲2三飛 まで11手.

111-3 上級 Pontamon 作    中段での同飛      11手
▲7六歩  △3二飛  ▲3三角不成 △4二金  ▲同角不成  △4一玉
▲3一角不成 △3五飛  ▲8五銀  △同 飛  ▲4二金 まで11手.

 

Re: re: 双裸玉詰将棋

 投稿者:本間晨一  投稿日:2017年 5月17日(水)15時30分27秒
返信・引用
  > No.1707[元記事へ]

TETSUさん、こんにちは。

私の図面錯覚による大失態でしてた。TETSUさんのご返事を読んで、もしやと思い 重版の第一題を確認してみたところ、双裸玉ではなく5五歩でした。ここに私の報告の誤りを訂正させていただくとともに、ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
 

re: 双裸玉詰将棋

 投稿者:TETSU  投稿日:2017年 5月17日(水)14時34分51秒
返信・引用
  「将棋詰め方ABC」の昭和26年発行の初版もあったので見てみましたら、やはり55歩でした。いつ、どうして55玉に変わったのか、不思議ですね。  

re: 双裸玉詰将棋

 投稿者:TETSU  投稿日:2017年 5月17日(水)11時49分16秒
返信・引用
  興味深い発見ですね。
「将棋詰め方ABC」を読むと、文字通り「詰め方」の問題集で、詰将棋とはひとことも言ってないので、双裸玉詰将棋とみなすのはちょっと無理がありそうです。
なお、昭和50年に発行された集文館版では、55玉が55歩になっています。
 

双裸玉詰将棋

 投稿者:本間晨一  投稿日:2017年 5月16日(火)20時49分6秒
返信・引用
  TETSUさん、次の双裸玉詰将棋を見つけましたのでご報告します。これは初の双裸玉詰将棋でしょうか。

(1)双裸玉詰将棋 持駒金3
大阪屋號書店が昭和30年3月20日に重版発行した「将棋詰め方ABC」(荒巻三之著)の第一題が次図です。
解答は「5四金と打ち、以下、玉の頭へ金を打っていけば良いのです」となっています。最終手までの具体的な詰手順は書いてありません。なお、古今詰将棋書総目録によると、「将棋詰め方ABC」の初版は昭和26年10月20日発行のようです。

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:金三
詰手順:(柿木による解答例)
▲5四金    △4二玉    ▲4三金打  △3一玉    ▲3二金打
まで5手詰

(2)双裸玉 持駒金4
さらに、上図の解答に続く 詰め方の基礎 として「玉を詰める代表的な手筋です。俗に言う頭金の詰め方で、四段玉なら、金四枚。」との記述があります。それは図示されていませんが、次図のことと容易に察しがつきます。

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:金四
詰手順:(柿木による解答例)
▲5五金    △4三玉    ▲4四金打  △3二玉    ▲3三金打  △2一玉
▲2二金打
まで7手詰
 

短編の煙小作品(4)

 投稿者:本間晨一  投稿日:2017年 5月12日(金)22時43分6秒
返信・引用
  短編の煙小作品の続きです。ご笑覧ください。

(1) 双玉・角桂煙詰
5月3日の掲示板で、双玉・角桂煙詰の最長手数(15手)を発表しましたが、手数を比較する他作品がなく、双玉・角桂煙詰の1号局でした。ここに訂正させていただきます。
その改作ですが、下図は双玉・角桂煙詰の理論的最短手数(11手)になります。

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 角|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v玉|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 桂|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 桂|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 玉 ・ 桂|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 桂|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 角|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
詰手順:
▲2三角成  △1五玉    ▲2四馬    △1六玉    ▲2五馬    △1七玉
▲2六馬    △1八玉    ▲2七馬    △1九玉    ▲2八馬
まで11手詰

(2)詰上り非周辺(2五玉)の飛香煙詰の長手数(11手)です。従来の記録は7手です。

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛|四
| ・ ・v玉 香 ・ 香 ・ 香 ・|五
| 杏 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
詰手順:
▲8六成香  △6五玉    ▲7六成香  △5五玉    ▲6六成香  △4五玉
▲5六成香  △3五玉    ▲4六成香  △2五玉    ▲3六成香
まで11手詰

上図の香を桂に、成香を成桂に置き換えれば、詰上り非周辺(2五玉)の飛桂煙詰の長手数(11手)になります。従来の記録は7手です。(図面および詰手順は省略)

(3)2月3日付おもちゃ箱掲示板に双玉・大駒煙詰(9手詰)を発表しましたが、初形成駒なし双玉・大駒煙詰の短手数(9手)に改作しました。成駒なしの双玉・大駒煙詰は初出です。

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛 ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 角 ・v玉|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
詰手順:
▲2九角成  △同飛成    ▲同 飛    △同 玉    ▲2三飛    △3九玉
▲2八飛成  △4九玉    ▲4八龍
まで9手で詰

(4)大駒煙詰はこれまで30局発表されていますが、無防備大駒煙詰(詰上り周辺玉)はわずか2局でした。本局は記録作ではありませんが、3号局で11手詰です。

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| 龍 ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・v玉 角 角 ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
詰手順:
▲5八飛    △4九玉    ▲4八飛    △3九玉    ▲3八飛    △2九玉
▲2八飛    △1九玉    ▲1八飛    △2九玉    ▲3八龍
まで11手詰
 

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のことを教えてくれた。

 投稿者:松田圭市メール  投稿日:2017年 5月11日(木)20時51分10秒
返信・引用
  哲学ライトノベルは詰キストのツボと思うので紹介させていただきます。

『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のことを教えてくれた。』 原田まりる 著

 

非全駒煙の改作

 投稿者:本間晨一  投稿日:2017年 5月10日(水)15時11分54秒
返信・引用
  拙作の既発表の非全駒煙をいくつか改作してしてみました。

(1)無防備大駒都煙の改作で、詰上り非周辺(6四玉)大駒煙詰の最長手数(11手)です。従来の記録は7手です。

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ 角 飛 ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 角v玉|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
詰手順:
▲1二飛成  △2八玉    ▲1八龍    △3七玉    ▲3八龍    △4六玉
▲4七龍    △5五玉    ▲5六龍    △6四玉    ▲6五龍
まで11手詰


(2)飛角金桂煙詰の最長手順(29手)です。従来の記録は21手です。

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| 角 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 桂 金|三
| ・ 龍 ・ ・ 桂 ・ 桂 金 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 桂 金 ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ 金 ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・|八
| 角 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
詰手順:
▲8八龍    △6七玉    ▲6六角成  △同 玉    ▲7七龍    △6五玉
▲5五金    △同 玉    ▲6六龍    △5四玉    ▲5三桂成  △同 玉
▲4四金    △同 玉    ▲5五龍    △4三玉    ▲4二桂成  △同 玉
▲3三金    △同 玉    ▲4四龍    △3二玉    ▲3一桂成  △同 玉
▲2二金    △同 玉    ▲3三龍    △1二玉    ▲2二龍
まで29手詰

上図の金を成銀に置き換えれば、飛角銀桂煙詰の最長手数(29手)になります。従来の記録は21手です。(図面および詰手順は省略)
また、上図の金を成香に置き換えれば、記録作ではありませんが、初形無防備の飛び道具煙の29手詰になります。(図面および詰手順は省略)


(3)詰上り非周辺(4七玉)銀桂香煙の理論的最短手数(17手)です。従来の記録は19手詰です。

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ 杏v銀 銀 ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ 銀 ・ 桂 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ 杏 ・ 桂 ・ 杏 ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ 杏 ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
詰手順:
▲4二銀成  △同 玉 ▲4一成香  △同 玉 ▲4二銀    △同 玉
▲4三銀   △同 玉  ▲5三銀成  △4四玉  ▲5四成銀  △4五玉
▲5五成銀  △4六玉  ▲5六成銀  △4七玉  ▲5七成香
まで17手詰


 

/42