新着順:26/1404 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

岡崎城下家康公夏まつり第68回花火大会

 投稿者:鉄火お嬢メール  投稿日:2016年 8月16日(火)22時16分21秒
  通報 編集済
  8月前半は余り遠出もできず、仕事のあとの立ち寄り花火でしたが、6日(土)は2年ぶりに岡崎の花火に。
ある意味古典的な花火大会というか、型がはっきりしていて偉大なるマンネリズムというか、それが今年は岡崎市制100周年という事で、花火もあちこち「えっ!」「な、何事っ!」なテンコ盛りが多発して、良い意味でサプライズな記念大会でした。天候も最近では一番風向きも良く、夜が更けるにつれ風も心地よく、撮影を楽しめました。
乙川河畔のスターマインと、矢作川側の尺玉の画像を付けます。後半は時々まさかの良玉が連発でした。

もちろん毎回ささやかな手土産と挨拶はきちんとしますが、撮影のために軒をお借りするおねーちゃんを客分扱いして下さり、岡崎をパスした昨年その前を「どうして来ないのかなと思った」と気に掛けて頂いていたマンションの住人さん達に感謝です。花火の撮影や観覧マナーが毎年取りざたされますが、別の住人さんによると「あんたが来なかった年に、挨拶もなく上がり込んだ三脚のジジイ二人、追い出した」とかで、以前にはなかった関係者以外立ち入り禁止の貼り紙やロープにはぎょっとしましたが、近くの大型スーパーも、勝手にバーベキューをするグループが発生するに至って、長年花火観覧場所として開放していた屋上駐車場を、花火開始前に閉鎖 してしまう事になったそうです。一部常識と配慮を欠いた人達のために、花火観覧が逆に不便になるというのは、実につまらないですね。

    しかし、お花見や花火で訪れる岡崎の街と市民の皆さんは、基本フレンドリーで、親切にしてもらった記憶しかありません。日本の花火の源流、三河花火の恩人、家康公の地元であり、その由緒をとどめる岡崎の花火の独特の雰囲気が、鉄火は好きでございます。

    

http://blogs.yahoo.co.jp/tekkaojou

 
》記事一覧表示

新着順:26/1404 《前のページ | 次のページ》
/1404